2013-14年イルミネーションレポート20 汐留

どうも、オカメです。

所沢から行ってきた2013-14年イルミネーションレポート第20回、汐留です。

汐留のいつものイルミネーションを観ようと新橋から汐留に掛けて歩いていきました。
すると行く途中の日テレへ上がる階段脇に奇妙なオブジェが。

01dogeza.jpg
謎のオブジェ

カラフル&沢山あちらこちらに点在。
初見の感想を正直に言わせてもらいます。
気持ち悪っ!!水玉なのがさらに気持ち悪っ!!
インパクトは大です。

02dogezaki.jpg
正面より撮影

何でしょうね、土下座しているかのようなこの形。
調べてみたんですが、もともと日テレ周辺の別の場所に設置されていたという事しか分かりませんでした。
誰かの芸術作品なんですかね。
ちなみに使用方法は
03dogezauehito.jpg
この様にするのかと。

ベンチらしいです。
まぁ、この場所は写真に見える通り普通のベンチが周囲にありますが。

さて、ここの丁度反対側の通りにはこんなツリーもありました。
04wakinoturi.jpg
シンプルツリー

シンプル&正統派。
木から周囲へ張り巡らされた天蓋のような光が華やかです。
これだけでも充分主役を張れるはずなんですが、この斜め向かいのメイン会場のせいでイマイチイルミネーション情報に取り上げられてはいないようです。

ではメイン会場へ。
05sitanosangoturi.jpg
汐留メイン会場

相変わらずきらびやか!
今回のテーマが「魚たちはクリスマスの夢をみる White X’mas in the sea」だったのでこちらのイルミネーションも海仕様。
海の中のサンゴを意識した造りになっています。

よ~くイルミネーション1つ1つを見てみると
06ohanagata.jpg
ピンクの半ドーム型イルミネーションに注目

06ohanagata_kiri.jpg
花の形

電球そのものが花の形をしています。
今まで数多くのイルミネーションを観てきましたが、電球そのものに形があるタイプは無かったですね、珍しい!

これだけでも充分キレイですが、メインは実はこのイルミネーションの後ろの壁。
07awamae.jpg
汐留イルミネーションの目玉

コチラの画面はカレッタ汐留の建物を画面にしています。
17時~1時間に3回・4回を各5分間上映が行われます。

この待ち時間の画面が上記写真。
しばし待っていると「手をたたいてみてください。光の泡が浮かんできます」とメッセージが出てきました。
言われた通り手を叩いてみると、
08awatatu.jpg09hikariippai.jpg
泡が出現                                たくさん叩くと大量の泡がフワフワと。

イルミネーションが音に反応するとは思いませんでした。
これも表参道ヒルズと似た類の「インタラクティブ3Dプロジェクションマッピング」となっています。
表参道ヒルズは影に反応しましたが、こちらは音に反応しました。
この音に反応するシステムを利用して、ストーリーが進む参加型イルミネーションになっています。

ストーリーは魚たちが人間達のクリスマスに憧れて、自分たちも海の中のクリスマスを行うためツリーを作成するというもの。
進行役の魚(ミナミハマダイ)がポイントポイントでコチラに手を叩くように促します。
今回はシャコガイの口を開けるため、手を叩いて!とのこと。
10geji9pa.jpg
手叩きポイントの画面
左右にメーター&手をたたいてマークが出現するのでわかりやすいです。

11geji44pa.jpg
メーターは44%までアップ。魚に頑張って!と声援をもらえます。

12gejimax.jpg
100%達成。シャコガイの口が開きました。

別パターンではメーターではなく、上から落ちてくる星がマークに合わさる瞬間に手を叩く、というもの。
13hosigaotitekitara.jpg
ヒトデをツリー頂点にアップさせる勇気を与えるため手を叩く。
リズムゲームみたいですね。

15sakanadance.jpg
ヒトデ登頂成功!

手前のイルミネーションツリーのヒトデのみ光っています。
魚が乱舞。

16mottodance.jpg
魚乱舞&ツリー等点灯

お魚ダンスと全てのイルミネーションが点灯し無事魚たちもクリスマスを祝えました。
参加型イルミネーションと言うのが斬新で新鮮でした。
流石は汐留。

残念ながら2013年のクリスマスで終わってしまったのですが、2014年もどんなイルミネーションが行われるか楽しみです。

オカメでした。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

オカメ

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。