思い出のベビー服をリメイク★子供用リュック ~準備編~

20170127-01

昨年の今頃、寒い季節によく着せていたベビー服。お隣のご夫婦からの頂き物で、暖かいベルベットのような肌触りが気持ちよく、お出かけや寒い日に頻繁に着せていました。何度洗濯しても素材感が変わらずお気に入りでしたが、足首のゴムが伸びてしまい人に譲ることもできず、思い出BOXにしまってありました。1年ですっかり歩くようになった娘に、この思い出のベビー服をリュックにリメイクしてみようと思い立ちました。

20170127-02

用意したのはベビー服以外には肩ベルトの材料くらいで、100円ショップや手芸店などで簡単に手に入る物です。

 ■ 材料 ■

・着なくなったベビー服 : 今回使用したのは50~70cmサイズ(月齢0~6ヶ月用)、
              スナップボタンで前開きになっている物
・肩ベルト用テープ : 長さ合計120cm
・Dカン : 2個
・アジャスター : 2個
・透明マニュキュア または 木工用ボンド

・その他に用意しておく物 : 裁縫道具とミシン

◆肩ベルトの準備

120cmの肩ベルト用テープを6cm×2本、54cm×2本のサイズにカットし、端は透明マニュキュアまたは木工用ボンドをほつれ止めとして塗っておきます。

20170127-03

アジャスターの中央にテープを通して4cmほど折り返します。写真は1本ずつ裏と表の状態。マチ針で止め、端から5mmほどのところをミシンで縫い止めます。

20170127-04

縫い目が内側になるようにテープを置き、Dカンのカーブを以下のように左側になるように通します。

20170127-05

Dカンより右側のテープの端をアジャスターのところまで折り返し、アジャスター外側のフチに2回通して、写真のような状態にします(裏と表の状態)。縫い目を折り返したテープの内側に入れて、綺麗な仕上がりにするのがポイント。

20170127-06

肩ベルトの準備は少し複雑ですが、大人のバッグのベルトなどを参考に見ながらやってみると、分かりやすいですよ。この準備を丁寧に行っておくと、リュックも長く使える物ができると思います。

次回はいよいよリュック本体を作っていきます。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

ゆい

ゆい です。

2015年10月より、40代前半で親業開始。 人生は毎日が自由研究のようなもの、と思い始めたこの頃。 仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てを楽しみながら、娘と一緒に日々成長中!