思い出のベビー服をリメイク★子供用リュック ~完成編~

思い出のベビー服を子供用リュックにリメイクしようと思い立ち、前回は肩ベルトの準備を行いました。今回はいよいよリュック本体を作っていきます。

 ◆リュック本体を作る

今回のリメイクのポイントは、なるべく縫う箇所を少なくすること。使用するベビー服は前開きのボタン式なので、リュックの開閉はその部分を利用します。最初に服を台形に折り畳み、サイズを決めます。上の辺は16cm、底辺22cm、高さ25cmほどの仕上がりサイズをイメージしました。

服を裏返し、中表にした状態で仕上がりサイズに印をつけ、マチ針を打ちます。上の辺は袖が縫ってあるところで16cm取り、首のところまで2~3cm縫い代を残します。上の辺から高さ25cmに底辺の印をつけ、底辺の仕上がり幅は22cmですが、底にマチを取るので両端に5cmずつ足し、底辺32cmになるように線を引きます(今回は胴の幅をそのまま利用)。上の辺と底辺の端を台形になるように線を引きます。

まず両サイドの部分をミシンで縫い、端は返し縫いしておきます。縫った外側に2~3cm縫い代を残し、袖をカット。準備しておいた肩ベルトを以下のように表向きに置き、今回は上の辺の端に位置を決めました。参考ですが、更に中央に寄せるとベルトが肩からずり落ちにくくなるようです。お子さんの体型などに合わせて調節してください。

肩ベルトを置いた向きのまま、服の内側に入れて上の辺の仕上がり線より5mmほど端を出してマチ針を打ちます(左右肩ベルト2個所)。

上の辺の仕上がり線でミシンを掛け、端と肩ベルト部分は返し縫いで強度を増しておきます。縫い代を2~3cm残して、上の部分をカットします。

20170203-05

ここで服を表に返して肩ベルトの仕上がりを確認。

20170203-06

リュックの裏はDカンの下に更にテープを通すので、仕上がりを確認しておきます。

20170203-07

再度服を中表に返し、底辺の仕上がり線にマチ針を打ち、縫い代を2~3cm取って先にカットします。

20170203-08

Dカンの平らな部分に6cmのテープを通し半分に折り、底辺の仕上がり線から5mmほど出してマチ針を打ちます。

20170203-09

左右の肩ベルト2個所は写真のように中に入れた状態で、マチ針を打って整えます。

20170203-10

底辺の仕上がり線をミシン掛けし、端と肩ベルトの部分は返し縫いで強度を高めておきましょう。

20170203-11

切りっぱなしの縫い代は三つ折りにし、裏表ともに全て手でまつり縫いしておきます。

20170203-12

最後に底のマチを仕上がり線から両側に4cm取り(底のマチ幅8cm)、手で半返し縫いしてマチを作ります。
可能であればミシンで縫っても◎

20170203-13

布を表に返して完成!

20170203-14

20170203-15早速、オムツを何枚か入れて、娘に持たせてみました。開閉も簡単なので、しばらく使えそうです。余裕があれば、表にアップリケを追加したり、色々できそうですね。少しの間しか着られなかったベビー服、リメイクしてまた違った思い出の品として残すことができました。使わなくなったら、ぬいぐるみや他の思い出の品を入れて、可愛く保管しておこうと思っています♪

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

ゆい

ゆい です。

2015年10月より、40代前半で親業開始。 人生は毎日が自由研究のようなもの、と思い始めたこの頃。 仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てを楽しみながら、娘と一緒に日々成長中!