カーテンレールの利用★吊るす収納

20170511-01

どうやら保育園症候群になってしまった娘。2週間ごとに発熱して、病欠を繰り返しています。新しい環境で人数も沢山になって、子供なりに疲れるのだろうと思います。GW中も少し遠出した翌日に鼻水~発熱と続き、なかなか思いっきり遊べない日々となってしまいました…。

毎年GWに大掃除をするのが我家なのですが、今年は大掃除もあまりできずに過ごしました。しかし、子供のオモチャが増えてきたので、収納方法を考えました。

◆カーテンレールの利用

以前、どこの家にもあるのに実はあまり活用できていない物として、「カーテンのふさかけ」を利用した収納を考えました。それを思いついた時に、カーテンレールももっと活用できるのではないかと考えていました。子供のオモチャの収納については、何かしら用意したいと思いつつ、かさ張ったり処分に困る物は置きたくないと思っています。そこで今回、カーテンレールに吊るせる収納用品を探してみました。

ネットサーフィンをしながら、我家のカーテンレールからの高さに丁度良さそうな、コンパクトに畳める子供用の収納用品を身近なお店で売っているのを見つけました。そして、早速購入。カーテンレールに吊るすために、家にあったS字フックを用意。

20170511-02

カーテンBOXの中をよく見てみると、カーテンレールの上部に少し隙間があり、S字フックを引っ掛けることができました。そこへ、吊るす収納用品を引っ掛けました。後日考えてみると、収納用品をそのまま引っ掛けることもできそうでした。

20170511-03

丁度カーテン横の壁の空間がもったいない気がしていたので、ウォールシェルフなどを取り付けたいと思っていたのですが、それはそう遠くないと思われるベビーサークルをなくす時期に考えることにして、ひとまず吊るす収納がピッタリ収まりました。

20170511-04

◆遊び道具としても使える収納

20170511-05

上の三段は今はまだ子供は届かないのですが、使う頻度が少ないオモチャなどを入れておくことにして、遊ぶ時に大人が出してあげることにしました。下の二段は子供でも届くので、使う頻度が高いオモチャを入れてみました。娘は吊るす収納を見つけた直後から、勝手にオモチャを出し入れしはじめました。

★吊るす収納にして良かった点

  • コンパクトに畳めて、いつでも取り外しがきく
  • やわらかい素材で、子供の怪我の心配が少ない
  • 床から離れているので、掃除の際にどかす必要がない
  • 収納として使う以外に、ボールを投げ入れたり遊びにも使える
  • 子供の興味を引き自主性を促し、お片付けの練習になる

保育園では保育士さんがお片付けの歌をうたって、子供に自主的にオモチャを片付けるように促していたので、家でも寝る前にお片付けの歌をうたってみることにしました。すると、この吊るす収納にどんどんオモチャを入れるようになりました。上手く入れられたら「上手だね~」と褒めてやると、パチパチと手を叩いて自画自賛している娘です。

カーテンレールに吊るしているので、あまり重たい物は入れない方がいいと思いますが、子供の軽いオモチャであればこの方法でも問題なさそうです。子供が引っ張ることがありますが、収納の上部にマジックテープがついているので、あまり強く引っ張るとマジックテープが取れるので、カーテンレールがダメージを受けることはなさそうです。

子供の成長とともに収納は変化させていく予定なので、しばらく使ってまた変えていこうと思います。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

ゆい

ゆい です。

2015年10月より、40代前半で親業開始。 人生は毎日が自由研究のようなもの、と思い始めたこの頃。 仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てを楽しみながら、娘と一緒に日々成長中!