乳児との外出に便利★マルチクリップ

20170518-01
  • ブランケットを丸めてマルチクリップで固定するとコンパクトに持ち運べる
  • 脱いだ帽子とバッグをマルチクリップで留めておくとなくさない

昨年の今頃、子供が半年を過ぎ気候も暖かくなってきたので、子供と一緒に外出するのを楽しみにしていました。ですがいざ外出しようとすると、あれもこれも必要と荷物が多くなってしまうのが、乳児期の悩みだったような気がしています。

そんな時、荷物をコンパクトにしたり、1つあれば幾通りもの使い方をできる「マルチクリップ」は常に持って歩くようにしていました。今回は昨年の今頃を思い出し、私が便利だと思ったマルチクリップの使い方をご紹介します。また、現在妊娠中の方で、あれもこれも必要かな?買っておこうかな?と思われている方に向けても、マルチクリップがあれば必要なかったですよ、という物もあるので是非参考になればと思います。

◆ベビーカーや抱っこ紐にブランケットと合わせて使う

20170518-02

  • ブランケットの両端をマルチクリップでベビーカーや抱っこ紐に通して留める

まずお出かけの際には、抱っこ紐やベビーカーで外出をしていたのですが、暑さ寒さによる洋服の調節はするのはもちろんですが、少し肌寒い時やいつでも寝てしまう月齢の子供用に、季節により素材の違う綿やガーゼやフリースのブランケットを持ち歩くようにしていました。

そして、このブランケットですが、マルチクリップを2個用意して、ベビーカーや抱っこ紐に取り付けて使用していました。ベビーカーにひざ掛けとして取り付けておくと、バッグに入れる荷物が少し減るので、その点は◎でした。

それから、ベビーカーや抱っこ紐から降ろした際には、ブランケットは床に敷いたり、寝てしまったら肌掛けに使えるので、必ず1枚持っておくと何通りにも使えて便利なアイテムでしたよ。

◆授乳ケープは必要ありませんでした

20170518-03

  • ブランケットを折り、首元にマルチクリップを付けて授乳ケープにする

乳児期の赤ちゃんと出かける際に、一番必要なのはミルクとオムツの準備。半年までは母乳育児をされている方も多いので、授乳する際には授乳ケープは忘れてはならない必需品のように思われがちかもしれません。ですが、先にご紹介したブランケットとマルチクリップを持っていると、授乳ケープとして使うことができでしまいます。授乳する際にはひざ掛け&肌掛けとして使っていたブランケットに、マルチクリップをくっつければどこでも授乳が可能でした。

時々、ブランケットも授乳ケープもベビーカーのひざ掛けも全て1通りの使い方しかできない物を持ち運び、使っていない時に全てをバッグに詰めて大荷物になっている方を見かけました。少しでも荷物を減らしたいと思っている方は、授乳ケープはブランケットとマルチクリップで代用するのがオススメです。

また、ブランケット自体使わない時には、丸めてマルチクリップで止めておくと、コンパクトにすっきり持ち歩くことができましたよ。

◆その他の使い方

その他にも、マルチクリップの使い方として一番思い浮かぶのは、オモチャやオシャブリなどをぶら下げておく使い方ですね。私は100円ショップで売っているマルチクリップをいくつか持っていましたが、もう少しお値段のいいマルチクリップだと、ゴムの部分にアジャスターがついていて、長さを調節できるようになっていました。そういった物だとゴムの部分を短く調節して、ハンドタオルと合わせれば子供のスタイやお食事エプロンとしても使うことができました。我家の場合、娘が半年前後の時はヨダレの量が多すぎて、通常のスタイではすぐにビショビショになり追いつきませんでした。そこで、ビニールのお食事用スタイの上にハンドタオルを掛けて、マルチクリップでスタイとタオルを挟んで、ゴムを背中の方へまわして留めていました。タオルが汚れたら取り替えるようにすれば、何枚もスタイを用意せずに済みました。ハンドタオルは何枚あってもその他の用途で使えるので、一時期しか使えないスタイは少ない枚数に抑えました。

20170518-04

  • (左)スタイにタオルを留める
  • (右)帽子とシャツを留める、タオルを首に留めたスタイ

1歳以降になっても、ベビーカーには常にマルチクリップを取り付けてありますし、子供が帽子をなくさないように帽子と服に挟んで繋げておいたりしています。いくつか常備して持ち歩いていると非常に多くの場面で使うことができる、便利なマルチクリップ。まだまだ考えれば、色々な使い方ができるかも知れませんね。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

ゆい

ゆい です。

2015年10月より、40代前半で親業開始。 人生は毎日が自由研究のようなもの、と思い始めたこの頃。 仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てを楽しみながら、娘と一緒に日々成長中!