リメイク★子供服を長く着る

20170727-01

昨年の今頃、0歳の夏に着せる服は翌年には着られなくなるのは明らかでした。そこで、服を買う時からリメイクして長く着せることを前提に、選ぶようにしていました。

夏は少し大きめのダボッとしたくらいで着せた方が涼しいかと思い、少し大人っぽい柄のカバーオールは大き目のサイズを購入しておきました。

◆股のスナップを切り落とす

今年は当然、もうカバーオールを着るような体系ではなくなっているので、股のスナップ部分を切り落としてワンピースへリメイクすることに。それだけでもいいのですがもう少し可愛くしてみようと、普段でもお出かけでも着られるように、裾にさり気ないレースを縫い付けることにしました。100円ショップで1mのレースを購入してきました。

20170727-02

前身頃と後身頃をなるべくシワがないように合わせて、股のスナップ部分を切り落としました。

20170727-03

切り落としてみるだけで、まだまだ着られそうなワンピースになることを確信しました。

20170727-04

◆裾を縫っていく

股を切り落とした裾部分は、裏側に1cm程度三つ折りにして、端から1cmほどのところをミシンで縫います。

20170727-05

このままでも、普通に着られるワンピースになりますね。

20170727-06

色と柄が渋めなので、もう少し可愛らしくしようと、さらに裾にレースを縫い付けます。
裾から3mmくらいのところに、レースをまち針で仮止めし、ミシンがけします。

20170727-07

これだけで、可愛らしいワンピースの完成です。

20170727-08

半袖で前開きのワンピースは、下に長いTシャツを着せれば寒い時期にも着せられて、スボンを履いても履かなくても着られるので、バリエーション豊かに着せることができるアイテムです。早速娘に着せてみると、あと数年はワンピースやチュニックとして着ることができそうです。

20170727-09

赤ちゃんの時に着せる服は短い期間しか使わないので、長期間着せられるようリメイクすることを前提に選んでおくのもひとつのアイデアです。この服は外国ブランドの物ですが、どうせ買うならリメイクしながら長く着せて、着なくなった後も思い出に残しておければと考えて購入しました。

男の子の場合は、股のスナップ部分を切り落として縫えば、シャツにすることができますね。ワンピースは女の子限定のアイテムですが、裾を縫うだけで簡単にできるので、オススメのリメイク方法ですよ。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

ゆい

ゆい です。

2015年10月より、40代前半で親業開始。 人生は毎日が自由研究のようなもの、と思い始めたこの頃。 仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てを楽しみながら、娘と一緒に日々成長中!