リメイク★大人服の袖から作る子供ズボン【前半】

20170808-01top

汗だくな毎日、子供のパジャマは毎日着替えさせているのですが、時々、洗濯が追いつかないことがあります。そこで我家では、着なくなった大人の服を捨てる前に、子供の服にリメイクして活用しています。着なくなった服であれば失敗が怖くないですし、パジャマとして着せるのであれば、出来栄えはそれほど気にする必要がないと思っています。大人服から子供服を作る場合のメリットは、縫う箇所を最小限にできることです。今回は首回りが伸びてしまった、私の長袖Tシャツを子供のズボンにリメイクすることにしました。

◆利用する箇所を決め、股部分を縫う

Tシャツの両袖を重ねて、半分に折りたたみます。長袖の部分をそのまま活かして、ズボンにしてしまいます。手首のリブ部分が足首にくるようになるので、ちょうど良さそうです。生地の素材がジャージっぽく伸びがいいので、動くのが楽だと思います。

20170808-02

その上に手持ちの子供のズボンを重ねて、仕上がりをイメージ。大人服からのリメイクの場合、見本の子供服を重ねて型紙なしで作業してしまいます。

20170808-03

脇の位置で袖をカットします。今回はボーダーのTシャツなので、切る位置を決めやすかったです。

20170808-04

お尻側のカーブの部分は手持ちのズボンを重ねて、縫い代を1.5cmほど残して、カーブに沿ってカットします。

この時、ウエストのゴムを入れる部分は最後に三つ折りにするので、十分に残すように気を付けましょう。今回少し短めになってしまったのですが、本来は5~6cm、多目に取っておくと良さそうです。

20170808-05

切り取った袖の片方を裏返します。写真の上の袖は裏返して縫い代が見える状態。

20170808-06

裏返した袖の中に、裏返していない袖を中に入れ、綺麗に重ねます。2枚のズボンの布が中表になった状態になります。分かり難い場合は、手元にある見本のズボンも同じように片方裏返し、その中にもう片方を入れてみると、同じ状態になります。今回確認しながら作業しました。

20170808-07

見本のスボンの股部分を、縫い代が中央に来るように、縫いやすい状態に置きかえます。
縫う布も同じように置いて、縫い合わせる股部分にマチ針を打ちます。

20170808-08

そして、縫い代を1.5cm残して、股部分をU字状にミシンで縫っていきます。

20170808-09

重ねていた生地を出し全ての布を裏返した状態にすると、ほぼズボンが完成に近い形になっています。

20170808-10

今回はここまでの説明となりますが、次回は股の縫い代の処理とウエストの処理を進めていきます。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

ゆい

ゆい です。

2015年10月より、40代前半で親業開始。 人生は毎日が自由研究のようなもの、と思い始めたこの頃。 仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てを楽しみながら、娘と一緒に日々成長中!