子供対策★ちょい足しで袖の調節2

20180111-01

娘の洋服はできるだけ長く着せようと、普段から大き目のサイズを購入するようにしています。親から遺伝して欲しくない部分が受け継がれてしまい、体型の特徴としてはお腹ポッコリで腕が短め。胴回りはゆったりめで長めの丈の服を選ぶと、袖は長くなってしまうという損な体型をしています。

以前に、おさがりの服を着せる時に、ゴムとボタンを縫い付けて袖の長さを調節する方法を考えました(参照:子供対策★ちょい足しで袖の調節)。しばらくして気が付いたのは、洗濯時にはボタンからゴムを外し忘れると、袖の折り返しにゴミが溜まってしまい、少し面倒でした。

そこで今回は袖の折り返しも簡単にでき、洗濯時も簡単に袖を長く戻せる方法を考えました。

◆ちょっと足すだけで、短くも長くもできる方法

20180111-02

今回は少し厚手のトレーナーの袖を短くしたかったので、手首の部分で折り返すと生地が重なり過ぎて、動きにくい様子でした。また、保育園で着替えさせてもらう際に、毎回袖を折り返してもらうのは面倒を掛けてしまうので、このトレーナーは朝から着せて行く用にすることにしました。

20180111-03

今現在袖の長さがちょうど良いトレーナーを重ねると、5cmほど袖が長いことが分かります。今回はスナップボタンを縫い付けて、袖の長さを調節することにしました。

20180111-04

重ねたトレーナーの袖と同じくらいの長さになるように、下の袖を写真のように内側に折り返します。そして、折り込んだ中にスナップを付ける位置を決めます。仮に袖の上にスナップボタンを置いてみました。今回は袖の前側と後側、4箇所をスナップボタンで留めることにしました。

◆前側4箇所、後側4箇所にスナップボタンを縫い付ける

20180111-05

袖の前側に凸ボタンを2箇所、凹ボタンを2箇所で、後側にも同じように縫い付けます。両方の袖に縫い付けるので、全部で16箇所にスナップボタンを縫い付けます。最初は少し面倒かと思いますが、一度縫い付けてしまえば、袖を折り返す手間の方を省くことができます。

20180111-06

袖の上下のスナップボタンを留めると写真の様に袖が折り返されます。ボーダーのトレーナーなので、横縞に合わせて自然に袖が折り返されている感じになりました。家でも着せていますが、遊んでいる時外れる事は少ないようです。洗濯する時は、袖を引っ張るだけでスナップボタンが外れるので、長くするのも短くするのも簡単になりましたよ。

腕が伸びてきたら、凹ボタンの位置を縫いなおせば、また袖の長さ調整をすることが可能ですね。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

ゆい

ゆい です。

2015年10月より、40代前半で親業開始。 人生は毎日が自由研究のようなもの、と思い始めたこの頃。 仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てを楽しみながら、娘と一緒に日々成長中!