子供対策★晴れ着を楽しむ機会を作る

20180301-01

今年の秋、七五三を祝う予定の娘。どんな晴れ着を着せようかと、昨年秋頃からリサイクルショップやネットオークションをチェックするようになりました。今年1月、お手頃価格でとても気に入った柄の着物セットがネットオークションに出品されていたので、購入しました。

◆前年からなんとなく準備

運よく、足袋や長襦袢も全て揃ったセットで購入することができたのは、七五三やお正月シーズンを外したからだと思います。早めに購入しておけば、足りない物を買い足したりするのにも、時間的余裕ができますね。使う直前だと探している方が沢山いるので競争率が高く、気に入った物がなかなか思うように手に入らない可能性があります。

20180301-02

今回は早めにチェックしたことで気に入った物を購入できたので、届いてからは着物の状態を確認し、一部汚れを見つけたので自宅でしみ抜きをしてみました。そして折角なので、桃の節句に着せてみる予定。そこで、着心地や丈などを確認して、夏の終わりごろには、どこかの写真館で前撮りをしてみようかと計画しています。

◆晴れ着を楽しめる機会

たまたま前年の七五三シーズン頃から、着物セットの相場や柄などをチェックしはじめたのですが、七五三1回しか着ないのであればレンタルという方法もありだと考えていました。しかし、レンタルより安くセット購入もできるので、何度か着せるともっとお得だと思います。

20180301-03

我家の場合、桃の節句に着せてみて、次は夏の終わり頃に七五三の前撮りを予定。写真館のプランもリサーチしようと思っているので、すぐに時間が経ちそうです。秋には実際の七五三で着せて神社や食事に行ったり、次のお正月にも着せれば、晴れ着を十分楽しむことができると思っています。

2月中旬から飾っているお雛様を見て、娘は「お姫様になりたいの。」と言って、晴れ着を着る日を楽しみにしています。伝統文化に触れる機会が少ない昨今、日本の伝統行事や晴れ着を楽しむ機会を今後も意識して作ろうと思っています。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

ゆい

ゆい です。

2015年10月より、40代前半で親業開始。 人生は毎日が自由研究のようなもの、と思い始めたこの頃。 仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てを楽しみながら、娘と一緒に日々成長中!