子供対策★手軽にできる七夕飾り

20180621-01

関東も長い梅雨がはじまりましたね。梅雨時に頭を悩ませるのが、週末の室内遊び。平日保育園に行っている時と同じように、午前中に体力を消耗させる遊びを考えないと、お昼寝をせずに1日中起きている娘。

先週末は「はさみチョキチョキしたい!」と言い出したので、最初は何も考えずに折り紙を与えて、ジグザグに切れるハサミで切って遊ばせていました。はさみは真っ直ぐ切れる普通の物だとまだ手を切ってしまいそうなので、波型やギザギザに切れるはさみで遊んでもらっています。

沢山細く長く切った折り紙ができたので、端に糊を付けて輪っかにして、折り紙の鎖を作りました。そこから思いついたのが、ちょうど今の時期に飾る七夕飾り。急遽、壁の一面にマスキングテープで笹のように枝を貼り、折り紙で作った飾りを貼り付けてみました。

◆扱いやすいマスキングテープ

20180621-02

マスキングテープは簡単に貼って剥がせるので、気に入るまで何度もやり直しができて、とても手軽に遊べるアイテムですね。七夕に限らず、子供と一緒に内容を考えながら、季節のモチーフを飾り付けていくだけで、頭と手と体を使う簡単な遊びになります。かさ張らずに処分も簡単な素材なので、室内遊びには欠かせない遊び道具のひとつとなっています。

◆様々な種類の折り紙とハサミ

20180621-03

折り紙やハサミは100円ショップに沢山の種類が揃っています。普通の折り紙以外に、様々な柄が入った物、透明シートの物、キラキラ素材の物など、シンプルな物の方が少ないくらい種類が豊富。ハサミも小さい子供には、真っ直ぐ切れる物より、ギザギザに切れる物の方が切る作業が楽しい様子でした。

◆モチーフと短冊作り

20180621-04

子供の頃を思い出しながら、インターネットで検索しながら、簡単な七夕飾りを折り紙で作りました。

最初に作った折り紙の鎖は、細長く切った折り紙を輪っかにして繋げただけの物。様々な色や柄を組み合わせると、賑やかになります。三角に切った折り紙を重ねて糊で貼っていくだけでも、楽しい飾りになりました。

半分に折った折り紙に1cm間隔で切り込みを入れ、対角線上の角を糊で貼り合わせると貝殻になります。2度折った紙に交互に切込みを入れて広げると、網状の天の川の出来上がり!

星や笹の葉も折り紙で折って貼り付けました。

最後に半分に切った折り紙を短冊にして、願い事を書いて貼り付けました。娘は「早くオムツが取れますように!」とかなり現実的なお願いを言い出したので、私が代筆しました。私のお願いも同じような内容でした。今年の夏にオムツを卒業できればと、今取り組んでいる目標なのです。

短冊に書いたら本人はやる気を出して、「オシッコ!!」と教えてくれるようになりました。

目標を壁に貼る時も、楽しく飾り付けるとモチベーションアップに繋がりそうな気がします。偶然はじめた遊びから発見した良い気づきでした。お手伝いや目標達成も進みやすくなるように、木の飾りに花や実を増やしていくと楽しくなりそうですね。マスキングテープや折り紙を使って壁に飾りつけをするのは、季節を問わず天気が悪い日に気軽にできる、室内遊びのいいアイデアとなりそうです。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

ゆい

ゆい です。

2015年10月より、40代前半で親業開始。 人生は毎日が自由研究のようなもの、と思い始めたこの頃。 仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てを楽しみながら、娘と一緒に日々成長中!