時短家事★淘汰されてきた器たち【プレート編】

20190425-01

前回は我家で使っているフリーカップをご紹介しました。今回はプレート類をご紹介しますね。

◆強化ガラス製のテーブルウェア

20190425-02

こちらは強化ガラス製のお皿類。右下のスープボウル以外は同じお店の同じシリーズの物。大小のプレートとサラダボール、この4種類で様々な使い方ができるので、毎回の食卓にはこの中から必ず1種類は使っているくらい、ヘビロテしているお皿たちです。

20190425-03

滅多にはしませんが、大きなプレートの上に大きなスープボウルを置いたり、小さなプレートにサラダボールをのせたりしても使うことができます。大人用、子供用にスープボウルとサラダボウルを使ったりします。シチューやスープを入れたり丼物を盛り付けたり、毎日のメニューに応じて使い方を工夫しています。

20190425-04

このお皿を選んだ理由は、強化ガラス製で耐久性と耐衝撃性に優れているからです。また、フリーカップを選んだ時の理由と同じで、器の底裏が水が溜まりにくい形状をしているからです。この食器の底裏はツルンとしてほぼフラットになっているので、水や汚れが溜まるということがありません。

◆収納とアレンジのしやすさ

20190425-05

この強化ガラス製のお皿は、重ねてもかさ張らない形状をしているので、写真のように6枚ほど重ねても高さは2cmほど。食器棚にファイルボックスを入れて立てて収納しています。この薄さなので、大小のプレートを6枚ずつでファイルボックス1個に収納できています。

20190425-06

結婚生活10年の間に、フリーカップを含め様々な種類同士を重ねても、かさ張らずにコンパクトに収納できる器類を選ぶようになりました。トレーは収納BOXの蓋兼トレーとして販売されている物で、こちらも数枚重ねても非常にコンパクトに収まる上、通常の食事用トレーより少し小さ目で、A4サイズをひとまわり大きくしたサイズが気に入って利用しています。

20190425-07

さて、我家で使っている食器類をご紹介してきましたが、結婚10年の間に、無意識のうちに柄物は買わなくなり、シンプルな形状で白の食器類に淘汰されてきました。娘が産まれてから、少し食器を可愛く飾りたい時、お弁当用の抗菌シートを使ってお皿を飾る方法を思いつきました!お弁当用の抗菌シートは食品用のシートである上、電子レンジにもかけられる耐熱性も備わっていたりします。シートの裏に少し水をつけて、お皿に貼りつけるとピタッと貼りついて、もともとお皿に柄があるように見えるほどです。娘がトーストを持ち上げた時に、パンダを見つけて喜んだ時には、大成功!と思いました。

また、この春になって100円ショップで見つけたのは、フードシートという商品。食品やお皿のちょっとした飾りとして使えるシートです。このようなシートの他にも、可愛い柄の紙ナプキンやワックスペーパーなどを敷いたり、お皿に柄がない方が様々なアレンジ方法で、賑やかなプレートを演出することができると思っています。手の込んだ料理で演出するのが一番ですが…、時間がない時はこのようなカワイイアイテムを使えば、十分楽しい食卓を演出することが可能です★

これまで沢山の色柄や形の器類を持っていた時期がありましたが、結局使う頻度が少ない上に、欲しい物を買っているときりがないと思うようになり、整理したらシンプルでメンテナンスや収納がラクな物だけが残る結果となりました。

使いやすさと洗いやすさ、乾きやすさと収納のしやすさ、などなど小さな点を考慮すると、トータルしていくと家事の時短に繋がる要素が沢山あると思っています。一度買うと長く使う物なので、十分検討してから揃えることをお勧めします。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

ゆい

ゆい です。

2015年10月より、40代前半で親業開始。 人生は毎日が自由研究のようなもの、と思い始めたこの頃。 仕事・子育て・家事・遊び、暮らしの全てを楽しみながら、娘と一緒に日々成長中!