家庭菜園★新ジャガの季節

20190606-01

今年3月頃から、夏野菜を育てる準備をはじめ、まずはジャガイモを植えようと、種イモ1キロを買ってきました。1キロのジャガイモを植えると約10倍の11キロ程度の収穫が見込めるそうです。ジャガイモは植えてからほとんど手入れがいらないので、家庭菜園初心者にはとってもオススメの野菜です。

◆ジャガイモの植えつけ方法

20190606-02

種イモは通常、発芽した芽を残すように何分割かに切って、切り口を乾かして植えるなど、植える方法がいくつかあります。ですが今回、一度に沢山採れても消費するのに困るのと、植える準備が遅れていたので、一番手抜きな方法で種イモを丸ごと植える方法を試してみました。種イモを切って植える場合は、切り口がしっかり乾いていないと、病気が発生するリスクがあるそうです。我家の場合は、1畝分だけ植えられたら十分の収穫量と思っていたので、種イモ丸ごとを植えて、量を抑えてみました。今回は40センチほどの間隔で、1畝にジグザグに植えてみました。

◆花と実と結球の関係

20190606-03

植えてから1ヶ月半、水は自然の雨におまかせしてほぼ放置。GW頃には葉が沢山生い茂った状態になりました。ここで少し、幹を間引きして1つの種イモから2・3本の幹になるようにしました。

20190606-04

葉っぱにはテントウムシの幼虫が沢山いて、アブラムシなどを食べてくれている様子でした。

20190606-05

GWが終わった頃には、花が咲きはじめました。ジャガイモの花は沢山咲かせると、栄養が花に消費されてしまうのではないか?と思って調べてみると、広大な畑の場合は花を摘む作業の方が大変なので、花は咲かせても根の方の結球にはほとんど影響がないとのこと。家庭菜園では観賞用として楽しむのがいいようです。

20190606-06

さらに、花が咲くという事は、そのあと何らかの実がなるのでは?と思っていたら、小さなトマトのような青い実がなりました。ジャガイモはトマトと同じナス科の植物なので、種イモの種類によっては実がなる事があるそうです。

亡くなった父親が40年以上家庭菜園をやっていて、ジャガイモは毎年植えて花は見慣れていましたが、実を付けた様子は見たことがありませんでした。

周りの家庭菜園の方々の畑を見てみると、ジャガイモの葉や花は種類によって少しずつ違っていました。とても沢山種類があるようです。

◆ジャガイモの収穫期

20190606-07

花が咲き終わって、葉っぱが黄色く枯れはじめ、幹が少し倒れてくると収穫の目安となります。春に植えたジャガイモは梅雨の前に収穫してしまう必要があります。

5月下旬、一度に全部収穫してしまうと食べきれないので、葉が大きく育って倒れはじめたところから、収穫していきました。

20190606-08

最初は実家の母と分けて1回で消費できる分のみ、収穫。ほど良い大きさの綺麗な新ジャガが収穫できました。

品種は『キタアカリ』だったと記憶しているのですが、炒めたり煮たりしてもすぐに柔らかくなるので、調理しやすいジャガイモの品種だと思います。ジャーマンポテトを作ったり、お味噌汁に入れてみました。

6月中旬頃までに全て収穫してしまう予定です。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

所沢不動産情報WEB編集部

所沢不動産情報WEB編集部 です。

所沢のことを、皆さんに知ってほしい!を原動力に、日々精進しています。訂正その他、気づいたことがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。