毎年4月2日は国連が定めた世界自閉症啓発デーです。

寒さがぶり返している本日、皆様いかがお過ごしでしょうか?
三寒四温、なかなか春本番とは行きませんね~。

本日は、すこ~し真面目なお話を一つ。

4月2日(木曜)から8日(水曜)は、発達障害啓発週間です。

所沢市では、発達障害啓発週間の関連行事として、3月21日(土曜・祝日)に発達障害の特性と理解を深めるための講演会「自閉スペクトラム症は自ら殻に閉じこもっているか?」を開催します。

20150310.jpg

ストレスが多い現代では、少しのブレも許容できない世の中になったと感じる姫くまです。
今回の講演会の表題である「自閉スペクトラム症」も、専門家の間でも、非常に拡大された解釈がされることもあります。
私の子供時代には、当たり前にクラスに1人や2人いたと思われるような、ちょっと他人への興味が薄い子、ちょっと落ち着いていられない子などまで、病院での診察を勧められ、診断名が付けられ瑠葉になりました。「そういう性格」で済ませてもらえなくなりました。

ただ、「空気を読む」こと「みんなと同じこと」が正しいとされる日本では、とても難しい問題も孕んでいると思います。
私はどちらも不得意ですが・・・笑

一つの考えに固執するのではなく、自分で考え、腑に落ちるように理解することが重要なのではないかと思う姫くまです。

詳しい日時・内容は所沢市のホームページ
講演会「自閉スペクトラム症は自ら殻に閉じこもっているか?」
をご確認ください。

講演会の定員は、200人。入場料はもちろん無料です。
先着5人まででは有りますが、1歳から未就学児までの保育(要予約)もあります。

この機会に是非、理解を深めてみてください。

では、また。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

姫くま

姫くま です。

あわてんぼさんのくまです。日々の気がついたこと、チビ太とのイベント参加やお散歩日記を中心に綴ります。