所沢の売買分譲マンション

mansyon

所沢の分譲マンション事情

所沢では、所沢駅から西所沢駅へ向かう道沿いは、多くの商店街が軒を連ねています。

所沢の中心地を通るこの道は、古くから蔵造りの商家が立ち並ぶ商店街でした。

古くは、「所沢」といえばこの地域を指しており、銀座通りと呼ばれて親しまれています。

現在では、ファルマン通りから銀座通りにかけて、タワーマンションが立ち並ぶマンション街です。

マンションの下層階は、商店街となっており、駅から少し離れたこのエリアでも賑わいを見せています。

マンションの規模に見る特徴

【小規模マンション】

50~60戸未満のマンションを、小規模マンションといいます。

住戸の数が少ないので、住民同士が顔見知りになりやすく、不審者が見分けやすくなるので、

防犯面での安心感が高くなります。

ただし、共用施設が不十分な場合もあり、戸数が少ないので、一戸当りの管理費が高くなる傾向があります。

【中規模マンション】

明確な定義はありませんが、50~200戸くらいのマンションを、中規模マンションと呼びます。

100戸を超えた辺りから、共用施設が充実してくる傾向があるようです。

戸数が少なければ小規模マンションと、戸数が多ければ大規模マンションと同じ、メリット・デメリットがあります。

呼び名として、中規模マンションと独立しているものはほとんどなく、

小規模マンションと中規模マンションの間を埋める規模、といったところになります。

【大規模マンション】

いわゆるタワーマンション・超高層マンションや、

敷地内に複数の棟が立ち並び、団地を形成して、ショッピングセンターや学校など

日常生活に必要な施設が整備されている場合もあります。

共用施設が充実しているマンションも多く、スケールメリットが受けられます。

ただ、使用しない共用施設の管理費も負担しなければなりませんので、

過剰に施設がある場合は、割高感を感じることもあります。

売買の分譲マンション 不動産物件一覧

所沢市内の1500万円以下 の分譲マンションを探す

所沢市内の1500万円~2000万円 の分譲マンションを探す

所沢市内の2000万円~2500万円 の分譲マンションを探す

所沢市内の2500万円以上 の分譲マンションを探す

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

所沢不動産情報WEB編集部

所沢不動産情報WEB編集部 です。

所沢のことを、皆さんに知ってほしい!を原動力に、日々精進しています。訂正その他、気づいたことがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。