所沢の賃貸住宅

l_156

所沢の賃貸住宅事情

賃貸住宅の基本は、お部屋探し・保証人・賃貸借契約・更新・原状回復・退去、となります。

賃借人と賃貸人(大家、又は不動産会社)との相互不理解が元で法廷争いにまでなるケースが増えています。

無用な争いを防ぐ為にも、契約時には念入りな確認をするようにしましょう。

お部屋探し

まずは、借りたい部屋を探すところから始めます。

近年では、インターネットの普及により、実際に足を運ばなくても物件を探したり、現地の様子を見たりする事が可能です。

情報もたくさん溢れていますので、譲れないポイントをいくつか絞って探すと、
効率よくお部屋探しをすることができます。

物件を比較する場合は、実際に賃貸人(大家、又は不動産会社)に確認する必要があります。

賃料や管理費/共益費などを単純に比べるだけでは、特約や更新料などに掛かる経費が分からないからです。

日本賃貸住宅管理協会では、昨年から会員企業へ「めやす賃料」の表示を呼びかけています。

めやす賃料とは、『賃料、共益費/管理費、敷引金、礼金、更新料を含み、

賃料等条件の改定がないものと仮定して4年間賃借した場合(定期借家の場合は、契約期間)の

1ヶ月当たりの金額』です。(日本賃貸住宅管理協会ホームページより)

借主が実際に支払う金額を月額にならして表示する方法です。

ただし、手数料関係、保険料関係、町会費や特約関連費用については、この中に含まれませんので、

実際に契約する前に、契約内容を見比べて検討しましょう。

保証人をたてる

賃貸住宅を借りるには、毎月きちんと支払いが出来るか、保証してもらう為の保証人が必要です。

以前は、親兄弟親族や勤務先などに、保証人となってもらうケースが多かったかと思いますが、

最近では、保険会社による保証人制度も確立してきました。

賃貸借契約締結

いよいよ契約です。

お部屋探しの項目でも説明しました通り、賃貸住宅を借りるには、賃料の他にも様々な経費があります。

実際に契約を交わす前に、納得がいくまで支払条項の算定合理性や、根拠について貸主側に説明を求めることが、

トラブルを避ける手段として有効です。

手数料や特約の条項、更新期間・更新料など、賃貸借契約書を隅々まで確認して、契約しましょう。

可能ならば、その場で判を押すのではなく、一旦持ち帰って検討する事も必要ではないかと思います。

更新期間と更新料

2011年7月15日、賃貸住宅の更新料の是非について、最高裁法廷での判決が確定しました。

更新条項が賃貸借契約書に具体的に記載され、賃貸人と賃借人の間で合意が成立している場合、

更新料が、賃料・更新期間に照らし高額に過ぎるなど特段の事情がない限り、

消費者契約法10条により無効とはならない。

ただ、判決においては、高額に過ぎるに値するものがどれくらいであるか等、

具体的な判断基準については提示されていません。

更新料自体が、首都圏や関西圏(京都府、滋賀県など)で商習慣化しているものの、その他の地域では稀なようです。

全国的に見ても、100万物件ほどだということですから、

契約書の内容を確認し、納得出来なければきちんと貸主から説明を受けましょう。

退去時の現状回復

賃貸借のアパート・マンション等を退去するとき、自分で備え付けたものは取り除いて、

貸主に部屋を返すことを「原状回復義務」といいます。

自然消耗(畳や壁紙の日焼けなど)については、この限りではありませんが、

借主の故意・過失(例えば、カーペットにタバコの火で焼け焦げを作ってしまった、など)により損傷した場合には、

修繕・弁償が必要になります。

賃貸住宅物件一覧

所沢市内の駅歩・停歩、5分以内 の賃貸住宅を探す

所沢市内の礼金なし の賃貸住宅を探す

所沢市内の7万円以下 の賃貸マンションを探す

所沢市内の7万円以上 の賃貸マンションを探す

所沢市内の5万円以下 の賃貸アパートを探す

所沢市内の5万円以上 の賃貸アパートを探す

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

所沢不動産情報WEB編集部

所沢不動産情報WEB編集部 です。

所沢のことを、皆さんに知ってほしい!を原動力に、日々精進しています。訂正その他、気づいたことがありましたら、遠慮なくお問い合わせください。