郊外散策28 小江戸川越オマケ2&街で見かけた面白広告25

どうも、オカメです。

郊外散策第28回は小江戸川越のオマケかつ面白広告25回です。
小江戸川越散策をしていると、これは何ぞや?と思う巨大動物たちが出てきました。
取りあえず一覧を。

巨大動物等 一覧。
02usagidesune.jpg
【白うさぎ】 場所:川越城近くの和菓子屋さん前

ひげが何ともリアル。全体はキュートだけれど、近くで見ると目がかなりリアルでちょっと怖い。

kamereon.jpg
【五円カメレオン】 菓子屋横丁脇のうなぎ屋さんの角

ご縁をくれそうなカメレオン。でもなんでカメレオンなんだろう。川越の街中で異彩を放っています。

04saru.jpg
【チンパンジー】 場所:カメレオンと同じ通り沿いのお店の前

パッ、パン君!?何となくベンチ・トランクケース(かな?)が揃ってると「フォレストガンプ・チンパンジーバージョン」っぽいですね。

03kaba.jpg
【カバ】 場所:蔵づくりの通りの端を菓子屋横丁入口方面へと曲がって進んだ辺り

口の中に顔を突っ込んで写真を撮りたくなります。が、お手は触れないように~。

01tyouzyuugiga.jpg
【ウサギとカエルとチェスのナイト】  場所:カバのすぐ近く。同じ通り沿い。

ウサギとカエルの躍動感が半端ないです。ナイトとの取り合わせは不思議ですが。
それにしても、このウサギとカエルの既視感がある。
02nanamekakudo.jpg
別角度

既視感があると思ったら、コレ鳥獣戯画の一部だ!
カエルとウサギが相撲をとっている有名な部分ですね。
2014年11月24日までなら京都国立博物館で鳥獣戯画展がやっていますよ。
思わずこのカエルポーズで記念写真を撮りたくなる一品。

このカエルの前に制作者についての説明がありました。
05seisakusya.jpg
発砲スチロールアート 製作者

あの巨大動物たちは発泡スチロールで出来ていたんですね。
見栄えからは全く分からなかった。

『でかっ!発泡スチロールアート』の製作者は「ヤジマキミオ」さん。
公務員だったところをアートへの想いが募り退職し、現在は様々な発泡スチロールを作成しているそうです。
各社のテレビにも取り上げられているようで。

川越においてある無料冊子の「川越―アートハンティングマップ」にココに作品があるよ、という目印もつけられているので、探すのに便利。
ここに載せた写真の他にパンダがいるようなのですが、私は発見できなかった。
早く無料冊子を手に入れられていれば…。

古い街並みにあまり興味が無い子供でもカメレオンやパンダ、ウサギなどを探して歩くのは楽しめると思います。
大人も子供も楽しめる街川越、所沢からは
所沢駅→本川越駅
の西武新宿線で約21分の近さ。
ふらっと小旅行気分が味わえてお得!色々な年代の方にお勧めです。

オカメでした。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

オカメ

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。