金沢リポート20 野村家 日本庭園

どうも、オカメです。

所沢から行ってきた金沢リポート第20回は野村家の続きです。

室内をウロウロ鑑賞した後、野村家の一番の見どころとも言える庭へ。
01nomuraniwa.jpg
野村家 庭

庭の広さはそんなに大きくはなく(現代家屋と比べれば大きいですが)、バスケットのハーフコートあるか無いかくらい。
池が庭全体を巡っており、橋や灯篭、植栽がバランスよく配置されています。
良くこの面積にここまで!と感嘆する出来。

02mikegururi.jpg
池と灯籠

庭には様々な樹木が植えられています。
松や椎の古木、この地方では珍しい山桃も植えられています。
03yamamomooku.jpg
写真右一番奥 深緑の葉をした木が山桃

北陸の地に生育は稀と言われている樹齢400年の山桃の木。
庭内に流れる川には小さな橋が架けられています。
庭に橋って良く考えると凄まじいですね。
04zyoudannnomakara1.jpg
上段ノ間から庭の眺め

ちなみに写真に写っている窓ガラスは、現代人が直したものではなく、野村家当主が当時は珍しいギヤマン(ガラス)を仕入れて作らせたようです。
庭にこだわりがあるのが、このエピソードからも分かります。
趣味人だったんでしょうね。

そして窓から眺めると、池が濡れ縁まで来ています。
もしかして縁側の下も池!?
05suresureike.jpg
思わず縁の下を覗きに行きました

流石に池ではなかったです。
縁の下(のぞかないと見えない位置)に石が組んであり、本当にギリギリまで池・床下は土。
ミシュランで星2つに選ばれる庭と言うのが納得です。
00engawanonagame.jpg
縁側の風景

縁側から飛び石で小川を渡ることも出来るんですね。
あ~、こんな縁側で日向ぼっこしながらお茶をすすりたい。

さて、内部に戻り2階の茶室に行ってみることにしました。
06nakaniwa.jpg
中庭

先ほどの庭とは反対側、2階茶室への階段の下にある中庭。
つくばいに梅の花が活けられていました。なんと風情のある光景。
07kaidan.jpg
階段途中から中庭の眺め

この階段を上る時は少しだけ外に出て、階段を上る仕組みになっています。
なので、中庭があるんですね。
そして上が茶室だからつくばいがある、と。
見事な設計ですね。
08kaidannyorinaka.jpg
中庭全体図

小さいながらもここはここで品の良い空間です。
自分の家にこんな空間があったら、和みまくりだろうなぁ。
09kaidanueniwa.jpg
2階茶室前の小さなお庭

2階にまで庭があるとは。
バビロンの空中庭園みたいですね。

庭だけでコレだけの写真と内容がある家屋。
くどいようですが、流石は加賀百万石!

次回お茶室に入ります。

オカメでした。

    気に入っていただけたら、是非、シェアをお願いいたします。

  • facebookでシェア
  • Twitterへ投稿
  • Google Plusへ投稿
  • Pocketに保存
  • Evernoteに保存
  • はてなブックマークへ追加

この記事を書いた人は...

オカメ

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。