都内散策69 吉祥寺 一軒家カフェ

どうも、オカメです。

所沢から足をのばして、都内散策第69回、吉祥寺の一軒家カフェです。
吉祥寺で遊ぶ予定があったので、お昼を食べることに。

友人が以前から気になっていたカフェに行ってみたい、という事でそこへ向かいました。
場所は東急裏を5~6分前後歩いて商店街が終わり住宅街に入った辺り。

パッと見はオシャレな家でした。
01hutatunoki.jpg
一軒家カフェ 『ふたつの木』外観

お店(家)の前に看板が出ているのでコレだけが目印。
角地にあるので通風・彩光ともに良好な立地。
テーブルは4つくらい。窓を開けているとクーラーいらずで自然の風が心地よいお店です。

「一軒家カフェ」という括りになっていますが、メニューは定食やデザート等お腹を満たすにも、甘いものを食べたいときにもどちらにも使えます。
02hutatumenu.jpg
メニューの一部(店内壁にも日替わりの内容や季節限定メニューあり)

メニューの中に(ベジ/ふつう)と言う表示がありますが、これはベジタリアン対応のタイプと選べるという事です。
初めてのお店なので、そこはやはり店名も入っている『ふたつの木定食』を注文しました。
03teisyoku_kasane.jpg
ふたつの木定食 (ふつう)

ご飯(たぶん発芽玄米)・味噌汁・香の物の他に三段のお重がきました。
オープン!
04teisyoku_hiraki.jpg
ふたつの木定食 中身(日替わり)

おかずは左から「鶏つくね」・「春雨と小松菜サラダ/もやしメインの白ごまあえ」・「大根のピリ辛ナムル風/ジャガイモといんげんの煮物」。
食べた感想から上記メニューを書いているので、多少の間違いはご勘弁を。

食材は全てオーガニックのこだわり。
この一食で一日に採らなければならない品目が全部まかなえそうです。

鶏つくねは照り焼き風の味付けでヘルシーながらも満足感のある味。
定食全体で甘・辛・すっぱいがそろっており野菜も豊富。
素朴ながらも滋味あふれた味で女性・年配の方から支持を集める美味しさです。

05teisyoku_beji.jpg
ふたつの木定食 ベジ用のメインディッシュ

基本のおかずは全て普通の定食と同じで、鶏つくねの部分が「大豆タンパクのから揚げ」。
どんなもんかと一口頂いてみると、ほぼ鶏肉のから揚げ味(さっぱりはしています)。
モモ肉と言うよりはササミ/ムネ肉といった食感。
大豆タンパクと言われなかったら、普通に肉と思い込んで食べてしまいそう。

プラス料金でデザート付にできたので、それも注文。
06_bananacake_sime.jpg
『焼きたてバナナケーキ』

焼き立てバナナケーキを頼んだらこんな形で出てきました。
???と思いながら開封。
07bananacake_aki.jpg
焼き立てバナナケーキ

「ハート形土偶」が頭をよぎりました。
包みの中から現れたのは焼き立てホカホカのバナナケーキ。
表面はカリッと、中身はモチっとした食感。
素朴なバナナの甘さを感じる、パンに近いイメージのケーキです。

吉祥寺のにぎやかな街カフェも良いですが、喧騒から離れてゆったりしたい時にピッタリの一軒家カフェでした。

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。