都内散策28 目白「志むら」のかき氷

どうも、オカメです。

梅雨も明けて所沢も一気に暑くなりましたね。
暑い時には涼しい場所へ行ったり、涼しい食べ物を食べたりしたいですね。

なので都内散策第28回、今回は暑い時期にしか楽しむ事の出来ない「かき氷」を食べに行ってきました。

場所は目白駅。
友人から「かき氷食べにいこう」と誘われて甘味処へ行ってきました。
友人曰く「友達のFaceBookにアップされてる写真を見たら食べたくなった」と。

わざわざかき氷を食べに?と思っていましたが「写真を見たら~」のくだりで、普通のかき氷とは何かが違うようなので、期待できそうです。

件のかき氷店舗『志むら』は駅から徒歩3分くらい。
1階が志むらの和菓子屋、2階が甘味処。

メニューを開くとかき氷メニューがいくつか。
宇治金時/宇治/あずき/白玉/生いちご/あんず/みぞれ青梅/キャラメル/ミルク/いちご/カルピス(白玉・ミルク・アイストッピング可能)
ショーケースにあった定番「生イチゴ」を注文。

kakigoori.jpg
生いちご

インパクト大なかき氷。
氷が断崖絶壁のようになっています。

kakigoori_danmen.jpg
横から撮影

この氷のモリモリ感。
苺ソースが流れ落ちて器にたっぷり。
これは写真を見たら食べたくなるな~。

「生いちご」というだけ合って、ソースには煮詰めた苺がたっくさん入っています。
kakigoori_apu.jpg
ソース/苺部分アップ

アップにしすぎて何だか分かりづらいですね。
シロップと言うよりソースと呼んだ方がしっくりする気がしてます。

屋台で売っているイチゴシロップも嫌いではないですが、生イチゴの天然の味にはやはり勝てないですね。
甘味といちご本来ならではの酸味が5:5くらいに比率で丁度良すぎる!
そこにミルクが混じりこむと、一瞬洋菓子を食べているような感覚に陥ります。

氷は目の細かいふんわりタイプ。
よほどのがっつき方をしない限り、頭がキーンとなる事はないです。

ちなみにこのイチゴソースは量がたっっぷり!!あるので、普段どおりのケチケチした食べ方をしていたらソースが余りそうになりました。
その点はご注意ください。

暑くなったら食べて涼をとるのも一興です。
カキ氷などはいかがでしょうか?

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。