郊外散策15 鎌倉9 鶴岡八幡とキャラウェイ

どうも、オカメです。

郊外散策第15回、鎌倉の鶴岡八幡宮とカレー屋さんキャラウェイです。

前回ブランチキッチンさんでフレンチトーストを食べ休憩したあと、鶴岡八幡宮に参拝に行くことにしました。
蛍放生祭は暗くなってから(7時~7時30分過ぎ)なので、明るいうちに参拝&ご朱印を。

01ootorii.jpg
三の鳥居

こちら鶴岡八幡宮の境内に入る直前にある鳥居。
実は3番目(最後)の鳥居。
一の鳥居・二の鳥居は由比ヶ浜方面から来る途中途中にありました。
距離にして20分ほど戻らないとみることは出来ません。

ちなみに一の鳥居は石造り・二の鳥居はもうちょい渋い赤です。

02ishinohashi.jpg
太鼓橋

三の鳥居を入ってすぐの位置、源氏池を横切る形でかかっています。
石造りで素敵な橋なのですが、写真一番手前の赤い柵がつけてある通り現在は通行不可。
残念ですが左右の道(現代の橋)を通りましょう。

03genjiike.jpg
左の橋の上から見た源氏池

池には大量の蓮が浮かんでいます。
夏にはピンクと白の蓮の花が咲くそうです。

橋を渡り、舞殿を通り過ぎると、本宮に続く大階段と銀杏の木が見えてきます。
04honndenn.jpg
大階段と銀杏

本宮の入り口付近は改修中の模様。
銀杏の木は年々すくすく成長しているようですね。
隣の古木が悲しい。

05goshinboku.jpg
銀杏 新木

大の大人を超えるくらいのの高さまで(2mほど)成長したようです。
早く大きくな~れ。
ただ元の銀杏サイズになるには1000年ほど必要らしいです。

銀杏脇の大階段を登ると鎌倉の街を一望できます。

06kaidannueyori.jpg
大階段上より

写真中央に見えるのは舞殿。
奥には大鳥居や鎌倉の街、もっと奥には由比ヶ浜が見えます。

それにしてもこの階段、片側にしか手摺がなくて怖い。
ここを登る/降りる度に蒲田行進曲が頭を流れる…。
♪チャンチャ チャーチャチャチャ チャンチャ チャーチャチャチャ チャンチャン チャーチャラチャチャ~?

改修中だからなのか18時ころには「閉めま~す」と声掛けされたので、慌ててお参り。
ご朱印も時間ぎりぎりだったので社務所の方で書いてもらいました。

さて、蛍が光り出す19時30分前後まで時間がかなりある(この時18時前後)。
なので、鎌倉の名物カレー屋さん「キャラウェイ」へ行くことに。
07kyaraway.jpg
キャラウェイ メニュー&外観

ここはいつでも並んでおり、この時も前に4グループほど並んでいました。
一見待ちそうですが、意外と列の消化は早いです。

待つこと15分かからないくらい、中に入れました。
上記メニューをが全てです。
カレーは「ビーフ・チーズ・エッグ・ポーク・チキン・ホタテ」。辛いのが苦手な人はハヤシライス。
あとはソフトドリンクorデザートメニューです。

並びつつ決め、入ると同時に注文。
08kyarakare.jpg
ホタテカレー

ホタテは貝柱部分がほどけた形で大量に入っています。
ドロリとした濃いめのルーからほとばしる海鮮の香り。
コチラのルーはカレーの下にサラサラ沈むタイプではなく、どっしりと乗っかるタイプです。

ご飯はこれで普通盛りですが優にどんぶり2杯分。
小食な人は「少な目」を頼んだ方がいいです。
「大盛り」は果てしない量のライスがきます。

そして友人はカレー屋に来て珍しい「ハヤシライス」を注文。
11kyarahayashi.jpg
ハヤシライス

こちらもドロリタイプ。濃い色のルー。
味も結構コッテリタイプで牛肉の味がかなりしっかり出ています。
割と甘めかな。
辛いのがすごく苦手な人はハヤシライスがオススメ(と言ってもキャラウェイのカレーは甘口~中辛くらいなので辛くない)。

12karei.jpg
カレーをかけたもの

ホタテの量がお分かり頂けるだろうか!?
ふんだんに入ってます。海鮮好きにはたまらん!
ちなみにお漬物は全4種。
10otukemono.jpg
漬物セット

左から福神漬け/たくあん/きゅうりの漬物/茶色くなるまで炒めてある玉ねぎ。
玉ねぎはカレーに混ぜて風味を更に増すためにあるんでしょうか?
そんなに玉ねぎが好物ではないので、自分で試してみてください。

ん~食べきってお腹いっぱい!
丁度時間が7時半近くなったので出発。

蛍会場は柳原神池。
人がたくさん並んでおり、立ち止まらないようゆっくり進みます。
蛍は強い光が苦手な為、カメラ撮影禁止。
にも関わらずフラッシュまでたく人がいて嘆かわしい!神社の方があれだけ注意しているのに何を聞いているんだか。

なので蛍は相変わらず写真はありません。
代わりにこちらを。

社務所付近でおみくじを引いてみました。
私は普通に「吉」でしたが友人が「凶」。久々に見た(笑)。
「凶」を引いたところ、神社の方に「凶を納める場所があるので納めると良いですよ」と案内を受け移動。
13kyoumikuji.jpg
凶みくじと凶みくじ納め箱

こういう物があるのを初めて知った。
納めるとまとめてお祓いしてくれる模様。
箱のマークは鶴岡八幡宮の紋ですね。

以上朝から晩まで一日鎌倉散策を楽しめました。

後はここから所沢に帰るだけですが、この時点で20時30過ぎ。
所沢に着くころには大体22時30分超え。

鎌倉は楽しいけれど、日曜日だと次の日の会社にかかるのが難点かと。
でも小旅行気分は味わえますよ。

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。