都内散策51 浅草の昼と夜01

どうも、オカメです。

所沢から行ってきた都内散策第51回、浅草の昼と夜です。
年末及び年始に浅草を通ることがあり、たまたま昼と夜だったので比較してみることにしました。

浅草と言えばやっぱり浅草寺、浅草寺と言えば雷門。
01sensoujimon.jpg01_2yorumon.jpg
昼の雷門                                夜の雷門

意外と夜も人がいます。(撮影時は9時過ぎ前後)
夜撮影した写真は年始だったせいか、むしろ人が多い?
01_3kaminariapu1.jpg
夜 雷門アップ

門の中の像は左:雷神像・右:風神像です。

ちなみに昼の雷門の前ではこんな光景も見られました。
02hanayome.jpg02_2hanayomeapu.jpg
昼 人力車に乗る花嫁さん&花婿さん               アップ

このあたりの結婚式のプランに含まれているんでしょうか?
雷門の前でストップして写真撮影を行っていました。
祝言装束で浅草観光とは粋ですね。
ちなみに他にも1組見かけたので土日であれば遭遇できる可能性が高そうです。

雷門をくぐると浅草の仲見世が。
03yorunonakamise.jpg
夜 仲見世

流石に夜9時を過ぎるとお店はほとんど閉まっています。
と言うより9時過ぎにまだ空いているお店(キビ団子屋さん・お饅頭屋さん・お土産物等)があることに驚き。
3~4店舗は開いていたと思われます。

そのまま進むと宝蔵門が出てきました。
06unnkeikaikeimon.jpg
夜 宝蔵門

金剛力士像のある宝蔵門。向かって左が阿形(門部分改修中)、右が吽形。
07yorunoazou.jpg08yorunounnzou.jpg
阿形 口は「あ」型 怒りを顕わにした表情            吽形 口は「うん」型 怒りを内に秘めた表情

「あ」は口を開いて最初に出す音、「うん」は口を閉じて最後に出す音であり、そこから宇宙の始まりと終わりを意味する仏教の真言になっているそうです。
阿吽の呼吸が一対になることを表す言葉というのは、上記の点からきているんですね。

普段上記の角度でばかり写真を撮ってしまうので、たまには別の部分を撮ってみました。
09unzouashi.jpg
吽形のおみ足

筋骨隆々なおみ足。
木から出来ているとは思えないような造形。
服の柄と言いアンクレットと言い意外とオシャレだったんですね。

ちなみに宝蔵門脇からこんな景色が見られます。
04sukaituri.jpg04_2yorunoskyturi.jpg
昼 雷門前より撮影のスカイツリー                夜 宝蔵門脇より撮影のスカイツリー

スカイツリーのライティングは白地に水色多目の「冬粋」。
ちなみに昼の写真中央のビール型ビルはアサヒビール本社。
まさかビルがビール型になっているとは地味に今まで気が付きませんでした。
隣のアサヒビールの炎のオブジェには面白いエピソードがあるので、ネットで検索してみてください。

次回は夜の本殿です。

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。