都内散策52 浅草の昼と夜02

どうも、オカメです。

所沢から行ってきた都内散策第52回、浅草の昼夜レポートです。

前回レポートで仲見世を通り宝蔵門に到着したので、いつもはスルーしがちな宝蔵門をじっくり眺めることにしてみました。
06unnkeikaikeimon.jpg
夜 宝蔵門

宝蔵門の中央のは大提灯(高さ3.75m・重さ400kg 重っ!)、左右には吊灯篭(高さ2.75m・重さ1,000kg 銅製なのでこちらは更に重い!)。
通ってるときには気づきませんでしたが、落ちてきたら確実に圧死ですね。

10yorunotyoutinnsita.jpg11tyoutinsitaapu.jpg
夜撮影 吊灯篭 下面                        夜撮影 大提灯 下面

昼間だと人が多く大提灯や吊灯篭の下で立ち止まれないので、裏面をじっくり見たいのなら夜がオススメ。
落ちてきたらヤバいですが。

吊灯篭の裏側は蓮?の花ですかね。
大提灯の裏側は竜でした。
職人技が光る一品です。

ちなみに宝蔵門を前にして右を向くとスカイツリーがありますが、左を向くとこんな景色です。
05yorunogozyuunotou.jpg
夜 五重塔

ライトアップされていてキレイですね。
戦争なので何度も炎上消失したそうですが、その度に建て直されているそうです。

宝蔵門を通り抜けると本殿が出てきました。
12yorunohonndenn.jpg
夜 本殿

夜なのにズラッと並ぶ人の列が!!夜9時を過ぎているのに!
本殿と宝蔵門の丁度中ほど位まで行列が伸びていました。
いつもと何か様子が違うと思って眺めると、門が閉まっている!
12_2yorunohonndenn.jpg
夜 本殿門のアップ

きっちり締められていますね。
お賽銭を投げる事も出来ないのですが、みなさん並んで夜の初詣をされていました。
浅草寺の普段とは違う顔、なかなか見られないので面白い。

満足しつつ帰ると雷門でまた普段とは違うことに気づきました。
こちらは雷門の裏側を撮影した写真です。
14yorunokaminaridan.jpg13yorunokaminarizyo.jpg
夜 天龍像                               夜 金龍像

表側は風神雷神像ですが、裏側は天龍像・金龍像という水をつかさどる龍神像が祀られていました。
左側が天龍像で男性の姿。ニンマリと微笑みを浮かべています。
右側が金龍像で女性の姿。クールな表情をです。

上記像も普段人が多すぎてあることに気づいていませんでした。

普段とは違う時間帯に行ってみるのも別の顔が見れて乙なものでした。

次回は浅草の食事、昼と夜です。

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。