都内散策81 皇居2 正門~楠木正成像

どうも、オカメです。

都内散策第81回、皇居散策です。
前回皇居入口から祝田見張所まで来たので、いよいよ正門です。

祝田見張所からかかっている橋を上るとすぐに正門近く。
01koukyoseimon1.jpg
皇居正門

見て頂ければ分かるように正門間近へは橋の前に柵があるため近づけません。
ちなみにこの写真を撮影した位置が最間近。
写ってはいないですが、写真の柵の手前にももう一つ柵があります。

この正門を正面にして左を向くとお堀。
02hidarigawan.jpg
皇居正門近くの堀

柵も凝った造形です。
でもちょっとツクシに見える。

右を向くと正門石橋(皇居内の為、参観予約なしには渡れない)。
03hutaebashi.jpg
皇居内 正門石橋 奥に二重橋があるそうです。

橋の奥には改修中の建物が。
The 和!とも言える日本家屋。
あの建物が何にあたるかは分からないですが、さすがの立派さです。

建物も立派ですが、橋上にある照明もさり気なくオシャレ。
04raionsyokudai.jpg
ライオン照明

照明上部はつる草?のような植物から垂れ下がる実のような形。
照明下部(台座)は中央に獅子の顔、そしてその下にはきちんと獅子のおみ脚が表現されています。
勇ましくもあり可愛くもあり。
これも和洋折衷ですね。

さて正門の前には皇宮護衛官が立っています。
05monnbann.jpg
皇宮護衛官

警察庁の警察官ではなく、特別司法警察職員にあたる警察庁の職員なんだそうです。
まぁ、警察庁のエリートさんですね。
なので制服も警察官ではなく、皇宮護衛官用の儀礼服。オシャレ。

そしてこの人たちは驚くほど微動だにしない。
このピシッとした直立姿勢から歩きもせず揺れもせず、視線も動かさず立ち尽くす。

この撮影時、13時40分頃。
14時頃に休憩タイムに入るかな?とか交代時間になるかな?と期待しつつ20分間眺め続けていました。
20分間微動だにせず…。見てるこっちの気が狂いそう!!

14時ちょうど。動いた!
06koutaisiki.jpg
中央に向かって行進

門の左右にある護衛官が門中央に向かって行進。
お互い何かの確認の様な動作を行いました。
そして、進み…
07koutaisyuuryou.jpg
左右交代のみ!!

右と左が入れ替わっただけー??!!
そして延々前のみをにらみ続ける。

この職業につけたこともないくせに、勝手にコチラの心が折れました。
この方達が1日何時間ここに立ち尽くしているのかは分かりませんが、恐ろしい忍耐力!
私は1時間も持ちません。微動だにせず立ち尽くすなんて無理!!
たとえ名誉ある仕事だとしても。

ちなみに1日何回門の中から交代の人が出てきて門番役と交代式が行われるそうですが、その時間・回数は警備の問題上秘密にされているそうです。
何にしても素晴らしき忍耐力。
正門を見る、と言うよりは皇宮護衛官を見れたことに感動しました。
暑い中、がんばってください。

取りあえず門側半分だけは歩き切ったので、次の予定の時間もあり戻ることに。
桜田門は後日見に行こうと思います。

戻る途中の皇居外苑に像がありました。
08kusunokizou.jpg
楠木正成像

鎌倉末期に南朝側についた武将の像です。
一時期は打倒鎌倉幕府の側についていたので「悪党」とも呼ばれていたそうですが、徳川幕府頃になると「忠臣」として見直されたそうです。
この楠木正成像はすぐに皇居に駆け付けられるようにと、皇居の方角を向いて建てられているそうです。

ココを出るとまた丸ノ内に戻ります。

東京駅や丸ノ内からすぐの位置にあるので、一度はぜひどうぞ。
一番近い大手町駅まで
所沢駅→池袋駅→東京メトロ丸の内線大手町駅
で約50分ほどです。

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。