東京ミッドタウン

どうも、オカメです。

先日東京ミッドタウンで「水花火」なる催しがやっていると聞き入って参りました。
「水花火」については後日。

本日は東京ミッドタウンについてです。

midotawngaikan.jpg toukyotawamido.jpg
東京ミッドタウンタワー外観               ミッドタウンより見える東京タワー

こういうタワービルを見ると都会!!て気がしますね。
外観も良いですが、個人的には中が好きでした。

washikabegami.jpg
和紙によるタピストリー壁

ミッドタウンの内装は「和」を感じさせる造りになっていました。
和紙のタピストリーに竹林など落ち着いていながらも和む雰囲気。

特にこちらの和紙タピストリーは綺麗でした。
kabegamiapu.jpg
3F壁紙「太陽」

kabegamiapu02.jpg
1F壁紙「社」

こちらの和紙タピストリーは「鳥居」がモチーフになっているようで「鎮守の森」がテーマとのこと。
1F「社」、2F「木」、3F「太陽」の柄になっているそうです。

和紙裏面にアクリルやガラスを貼り付け、しわ・たるみの問題を解決している特殊加工の和紙とのことです。
こちらの和紙、堀木エリ子さんと言う方の作品で伝統的な技術と堀木さんの独自技術を組合わせて作られた作品とのこと。

手漉きだそうです、驚き!

ミッドタウンは買物・イベント・遊ぶ場所も多いですが、タワー内部のアート作品を見て回るだけで休日を楽しめそうです。

オマケ
 midoishi.jpg
アート「意心帰」

大江戸線からミッドタウン方面に出てくると出くわすアートです。

ツルッとした石に空洞が空いており中にも入れるようになっているアート。
「意心帰」と言うタイトルだそうです。

ツルッとしているので触り心地がよく、穴の中に若干傾斜があります。
子供が石に群がっており乗ったり、中に入って滑ったり等々、憩いの広場になっていました。

子連れでも楽しめるかも。

所沢の航空公園駅にあるミューズも凝った建築物なのでお近くにお住まいの方は是非見てみてください。
中にあるパイプオルガンも荘厳ですよ。

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。