六本木ヒルズのママン

こんばんは~、ウララです。

突然ですが、先週の土曜日
六本木ヒルズに行ってきました。

お恥ずかしながら私、六本木ヒルズに
行ったのが今回が初めてでございまして
何もかもが珍しくて、もう何やらウキウキと
キョロキョロとしてしまいました。

もうおのぼりさん状態ですね。

地下6階、地上54階の六本木ヒルズ「森タワー」
120911_roppongihills_CA3K0964.jpg

おぉ~ぅ高いッッ!

ずっと見上げていたら
首が痛くなりそうな高さです。

この「森タワー」の周辺には
上からプシュワ~ッとミストが出ていまして
クールダウンの効果が期待できそうでしたが…

暑ッ…

せっかくのミストがビル風で飛ばされてしまって
人間にミストが命中せず、残念な結果に…

風が弱い日にはきっとクールダウンできますね!
次回に期待です!!
(←常にビル風が吹いているのでは…)

さて、「森タワー」に向かおうとしましたら…

ギャ~~~~~~~~~~ッッ!!
120911_maman1_CA3K0965.jpg
(←クモ嫌い)

何だこのクモちっくなオブジェはぁ~?
しかもデカイですしッ!!

と思い、近くの案内地図を見ましたら

120911_maman2_CA3K0969.jpg
…………………!?

え?ママン??

外見に似つかわしくな…い(←失礼な!)
その優しげなネーミングは一体…?

ママンの下から見上げてみました。
120911_maman3_CA3K0966.jpg
ぐほぅ~リアル~ッ!!

ママンのお腹の下あたりに
何やら白い物がたくさん!?

さらにズーム
120911_maman4_CA3K0967.jpg

タマゴです!!

だからママンッ!!!


高さ10mの、ひときわ目を引く
この巨大なクモ「ママン」は
ルイーズ・ブルジョアさんの作品なのだそうです。

「世界中から人が集まり、新たな情報を紡ぐ場の象徴」
という意味合いがこめられているのだとか。

なるほど、あまりにもリアルすぎて
びっくりしてしまいました!!

ものすごくインパクトがあって目立ちますので
待ち合わせにはもってこいの場所ですね。

まわりにベンチもたくさんありましたので
待たせても待たされてもOK~♪
(時間はちゃんと守りましょう~)

ママンの足によりかかっていた方も
たくさんいらっしゃいましたし…。

人が何人もよりかかっても
ママン、頑丈ですwww

ちなみにこのママン
「森タワー」のすぐ横の「66プラザ」という広場の中央にて
手ぐすね引いて待っております。
(←ウソw)

六本木ヒルズを、東京の文化の中心地にしよう!
というアイデアの一環としてスタートした
「六本木ヒルズパブリックアート&デザインプロジェクト」

この「ママン」の他にも
六本木ヒルズ内には、パブリックアートが
たくさん設置されているそうです。
詳しくは→コチラ

六本木駅へは
西武池袋線「所沢」駅から「練馬」駅で
都営大江戸線に乗り換え
乗車時間なんと約47分で行けてしまいます。
(乗り換えの歩行時間を除きます)

所沢から、意外と早く六本木に着いてしまったので
正直、驚きました!
便利な世の中になりましたね~。

皆様、六本木に行かれました際は
ぜひこの不思議な「ママン」と
他のパブリックアートを探してみて下さい~。

所沢市内でも面白い作品を見かけましたら
ご紹介していきたいと思います。


昨晩、我が家の畳の上を
緑の足の長いクモがサカサカ横切っていきました。
(←怖くてそのまま見送り…)

できればそのままおとなしく、ひたすらおとなしく
外へ歩き去っていただきたひ…

と願いながら、本日はここまでといたします。

秋、ウララ~♪

【ちょっとオマケ】
ママンを初めて見上げた時、某映画の宇宙○争の
あのシーンを思い出してしまいましたが
そう感じたのは私だけ~?
おしまい。

この記事を書いた人は...

ウララです。

山登りとブルーインパルスらぶ♪ブルーインパルスのためなら、どこへでも出かけていきます!