ひな祭り

こんにちは、美味しいのLoveです!
そっそかしい私はすっかり昨日が3月3日だと思いこみ、せっせと海鮮ちらしと
苺のチーズケーキを作って頂いてしまいました。

2011030219070000.jpg

ちなみに所沢市のホームページにひな祭りについてとても詳しく書かれていましたので
引用させて頂きます。

『ひな祭りは、女の子の健やかな成長と末永い幸福を祝う行事です。ちょうど桃の花が咲く頃なので、「桃の節句」という名でも親しまれています。所沢のひな人形には、押し絵羽子板とともに伝統があります。ひとつひとつ丁寧に心を込めて作られた人形の愛らしい表情は、見ているだけで心が和みます。桃の節句が近いので、ひな祭りとひな人形に関する豆知識をご紹介します。

【ひな祭りの由来】
平安時代に宮中や貴族たちの間で盛んに行われていた、紙人形で遊ぶ「ひいな遊び」と、 紙や草木で作った自分の身代わりの人形(ひとがた)を川に流し、汚れや災厄を払う「流しびな」の風習が、結びついたものとされています。

【ひな人形の飾る時期と飾り方】
 飾る時期は、立春の頃から二月中旬にかけて、遅くともひな祭りの一週間前までに飾り、3月3日を過ぎたら、なるべく早くしまうものとされています。ひな人形の飾り方は、親王飾り、三段飾り、七段飾りが一般的です(下の写真は三段飾り)。』

所沢市HP にはもっと詳しく写真なども載っていましたので是非ご覧ください。

この記事を書いた人は...

美味しいのLOVE です。