郊外散策12 鎌倉6 鎌倉文学館のバラ2

どうも、オカメです。

郊外散策第12回、鎌倉レポート 文学館のバラ続きです。

前回最後に『由比小町』という薄ピンクのバラを紹介しましたが、その姉にあたる花も咲いていました。
01kamakurakomati.jpg
『かまくら小町』 色:明るい赤・中央はクリーム色 香り:微香

鮮やかな赤~マゼンダに近いような鮮烈な色。花は一重で小ぶり。
大量に咲き誇っています。

全体図
02kamakurakomatizen.jpg
かまくら小町 全体図

遠目に見ると花が小ぶりなのが良く分かります。
由比小町も小ぶりな花でした。
赤と薄ピンクで姉妹なんですね。

その隣はコチラのバラ。
03burassingunokku.jpg
『ブラッシングノックアウト』 色:淡いピンク 香り:微香

名前の割に可憐なバラ。
巻々していないので言われなかったらバラと気づかないかも。
この花の名前は病気も害虫も寄せ付けない、ノックアウトしてしまう強さから来ているそうです。
四季咲き(季節を問わず咲く花)なので、このバラが終わりかけの季節でさえ蕾もありました。

04ladyxtoyakata.jpg
『レディX』 色:灰色がかったピンク 香り:何故か記載なし 奥には文学館

レディX!良い名ですね~。
直訳だと「謎の貴婦人」になるんでしょうか。
このちょっとツンと澄ましたような形と灰色がかった薄いピンクが謎めきを見事に現していますね。

05kibou.jpg06kibouura.jpg
『希望』 色:表は赤・裏は黄のバイカラー 香り:中香

大輪のバラ。パッと見は真っ赤ですが、位置を変えてみると黄色も見える不思議な配色です。
黄色の配色辺りが「希望」といった感じなのでしょうか。

07kiiroibara.jpg
名前を取り忘れた黄色いバラ

黄色の中にうっすらオレンジ色も混じったバラ。
ちなみに黄色のバラの花言葉は「友情 可憐 美 あなたに恋します/嫉妬 揺らぐ愛 恋に飽きた 誠意がない 不貞」。
前半と後半の内容にベルリンの壁並みの隔たりが…。
友人時は「友情」とメッセージカードをつければOKですね。
恋人には引っぱたかれるの覚悟で贈ってください。

08sinkunobara.jpg
名前を取り忘れた赤いバラ

バラって言われると基本こンな感じのバラが浮かびます。
バライメージ図の平均点が高そう!
紅いバラの花言葉「灼熱の恋 永遠の愛 純潔 無垢の美しさ」など。
恋人にはこちらがオススメ。

09princesaiko.jpg
『プリンセスアイコ』 色:桃色 香り:微

花が咲いてないのに何故撮ったかは名前を見れば分かるかと。
愛子内親王の誕生を祝して名づけられたそうです。
どんなバラか見てみたかった。

花がキレイで撮りまくってしまったので、バラレポートあと1回分続きます。
ちなみに所沢でバラと言えばやっぱり国際バラとガーデニングショウでしょうね。
そちらはウララさんのレポートを是非!

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。