イルミネーション19 東京ミチテラス

どうも、オカメです。

イルミネーションレポート最終回(第19回)、東京ミチテラスです。
所沢のイルミネーションが終わるまでに何とか全部間に合いました。
念の為もう一度宣言しますが、東京ミチテラスの3Dイルミネーション『TOKYO HIKARI VISION』は無いですからね。

さて前回、東京駅や丸ビルを楽しみ、丸の内イルミネーションを楽しみました。
なので、東京ミチテラスのもう一つの目玉『STARLIGHT  WALK』を見に移動。

東京駅を真正面にして立ち、そのまま180℃振り返るとスタート。
toukyouirumizen1.jpg
全体(見えないですが、奥正面に皇居があります)

何やら柱が何本も。
取り合えず一番手前の柱に近寄ると、
irigutitenzen.jpg
入口イルミネーション(バックの光並木は丸の内イルミネーション)

こんな感じです。
手前の街灯と併せて良い雰囲気です。
タワーの下周りは水盤になっておりタワーや水盤の周りに廻らされた電球からの光を反射し、幻想的な雰囲気を作り出していました。

irigutiaom.jpgirigutimurasakim.jpg
入口向って左側                   右側

徐々に色変化を繰り返し行うので、見た時によって色合いが違います。
赤紫~青色の範囲で変化します。
バックの丸の内イルミネーションとも相まって何とも上品かつきらびやか印象に。

そのまま進むとココ『ミチテラス』にて始めてみた形態のイルミネーションが。
kimidohisizen.jpg
モザイク画のような光

タワーの周りは床になっており(入れません)その周りに花壇、花壇は夜になるとこのとおりイルミネーションの輪になります。
昼でも夜でも楽しめるようになっているんですね。
kimidohishiapu.jpgkimidohishinanam.jpg
アップ                                   斜めに撮影

こちらのタワーは三重構造になっています。
■中心→ライトが同一光量でエレベーターのように上下しています。
■二重目→二重目・三重目は筒状になっており、二重目にも模様が入っており(ココは格子模様の黄)一方方向に向って回転しています。
■三重目→筒状で固定されている見えている部分です。コチラは格子文様の緑(黄色の部分は2重目が見えている形)

斬新!
最新技術を駆使して~、と言う類ではないのに新鮮さを覚えました。
それではコチラから写真を一気に。
akahisizen.jpg
akahisiapum.jpg
赤と黄の格子文様

kimidomaruzen.jpgkimidomaruapu.jpgkimidomarunanam.jpg
黄色・緑の丸型文様(光は重なり方によって菱形にも見えますね)

pinmidohisizen.jpgpinmidohisiapu.jpgakamidomzen.jpgakamidoapum.jpg
ピンクとエメラルドグリーンの菱形

このミチテラスのテーマは『光のテッセレーション』。
「花や水を組み合わせ、光と影を浴びながら散策を楽しめる不可思議な空間を創出します。」とのこと。
ちなにみテッセレーションとは、無限に連続する図柄のパターン模様のこと(モザイク画やアラベスク文様)だそうです。
光はよくありますが、影にまで気を使ったんですね。

さらに進むと最後に毛色の違ったタワーが一つ。
sutendozen.jpg
ステンドグラスのようなタワー

コチラのステンドグラスタワーは良く見ると何か書いてあるようなので、近寄ってみると
sutendomoji.jpg
何か書いてある!

こちらは『光のメッセージタワー』。
近隣の小学生500名が、「東京を元気にする」「日本を元気にする」「皆を元気にする」メッセージを書いてくれたようです。
一覧をどうぞ。
sutendotoy.jpgsutendozenm.jpgsutendoyokom.jpgsutendom.jpg
光のメッセージタワー

色々なメッセージが描かれていました。
ステンドグラスが織りなす色空間も幻想的でした。

こちらを含む、『東京ミチテラス』た開催されていたのはH24年の12/21~12/28の期間。
その内3Dイルミネーションが行われたのは21日・22日のみ…。
もう少し長く開催していればあそこまで混まなかったのかとも思います。

今年の年末は観られるよう期待しています!

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。