春を告げる、野草。

まだ寒いけれど、暦は春です。
と思っていたら、暦だけでなく、道端ではほんとうに春がやってきていました。

本当に身近な、春を告げる野草。
ホトケノザ(シソ科)が、可愛らしい花を咲かせていました。

20120313hotokenoza.jpg

姫くまとしては、花が咲く直前の、濃い紫の丸い蕾が緑の葉の中から覗いているところが、
ツボであります。

これは、航空公園駅から新所沢駅へ向かう、防衛医大と国立リハビリセンター沿いの大通りで撮影しました。
歩道を自転車道と半々に分けている部分に、オオイヌフグリなどと一緒に群生していました。
未だ花が咲いているものは少ないのですが、田舎育ちの姫くまには馴染みの深い野草なので、
見ているだけで癒されます。

子供の頃は、花をつまんで蜜を吸っていたのですが・・・。
さすがに排気ガスまみれの車道沿いでは、無理でしょうね~。

では、また。

この記事を書いた人は...

姫くま です。

あわてんぼさんのくまです。日々の気がついたこと、チビ太とのイベント参加やお散歩日記を中心に綴ります。