『Runway walk 2012』in 入間基地 -T-4・コクピット展示(後編)5-

こんばんは~ウララです。

昨日に引き続き、今日の所沢も、とても暑い一日でしたね。

5月16日は、日本全国300ヶ所以上で
気温が25℃を超える夏日となり
埼玉県熊谷市の最高気温は28.4℃にもなったそうです。

熱中症で病院に搬送された方もいらしたそうなので
暑くて湿度が高い日は、皆様、特にご注意下さいね。

さて、今回も4月21日(土)に入間基地にて開催されました
『Runway walk 2012(ランウェイウォーク)』
のレポートの続きです。

T-4・コクピット展示の後編です。
※隊員さんに説明して頂いている途中からになります。

120517_T_4_51_IMG_4174.jpg

T-4は上昇力が強い飛行機ですが
練習機なので大量の荷物を積む事はありません。

…が、センターに「トラベルポット」という
手荷物を入れる所があります。

手荷物室(赤丸テープの左横)
120517_T_4_52_IMG_4170.jpg

両翼の下には燃料を入れているそうです。

翼端(よくたん)の左側に赤いテープ
右側に緑のテープが貼られています。
飛行機も船も一緒なのだそうです。

飛行機を追い越す時は
緑を見ながら右側を追い越すそうです。

昨日、夜の飛行機の写真を見て初めて気がついたのですが
夜間飛行の時に点灯する端灯灯(よくたんとう)も
進行方向に向かって左側が赤色、右側が緑色なんですね。

垂直尾翼が大きいのはスピン特性のためだそうです。
120517_T_4_53_IMG_4166.jpg
大きい垂直尾翼

飛行機のエネルギーがなくなって失速した時
安定性をもたす為に垂直尾翼をもっと大きくしているそうです。

胴体にも背びれがあるのは機体を安定させる為だそうです。
120517_T_4_54_IMG_4165.jpg
垂直尾翼から胴体に向かってのびる背びれ

脚(きゃく)はハイドロ関係、
油圧系統で動いているそうです。
120517_T_4_55_IMG_4164.jpg
脚(きゃく)

脚の部分UPでパチリ
120517_T_4_56_IMG_4167.jpg
展示用に脚の高さを調節していますね(←もっと延びます)

フラップ翼の内側に高揚力装置がついています。

高揚力装置(こうようりょくそうち)とは
飛行機の揚力を増大させるための装置ですね。

主に直流系(直流電気やバッテリー)を使っても
飛行機を動かせるそうですが
計器類はシンクロナイズする時に
どうしても交流がいるそうです。

………(゜∀゜;)
直流と交流の違いが、文系の私には
まったくもって理解ができないのですが

直流→電流の向きと強さが一定で時間がたっても変わらず。
交流→電流の向きと強さが周期的に入れかわる。

例えるならば
乾電池では直流、コンセントでは交流の電流が流れます。

乾電池では+(プラス)-(マイナス)と向きが決まっていますが、
コンセントから流れる電流の向きは入れかわるため
電源プラグを差し込む向きを意識する必要がないというわけです。

なるほど。かなり脱線しましたね。
私、理科もニガテです。
ここ、試験に出ますよ~!(←ウソw)

…はい、続きいきます。

という事で、
交流は計器類等に使っているそうです。

万が一、交流が壊れても燃料があれば飛べるので
直流をメインとして飛行されているそうです。

もし、発電に不具合が生じてもバッテリーだけでもなんとか
上空から降りてくる事ができるそうです。

タンクの所にピンを入れてフラッグを入れてあります。

地上でタンクが落ちないように電気系、機械系で
必ずピンを2本入れているそうです。
120517_T_4_57_IMG_4168.jpg
2ヶ所にピンがささっています。

この赤いテープの所、誤って下に落ちないように
地上では必ずさすようになっています。

上空ではピンは取っているそうです。

地上でのみ、ピンが2本ささっています。
右左合わせますと計4本になりますね。

航空祭の飛行展示でタンクをつけていないのは
機動性を良くしているからなのだとか。

沖縄のエアショーなどで、ブルーインパルスが
タンクをつけて飛んでいますが、長距離の移動後
つけたりはずしたりするのが面倒くさ…(←エッ!?)
いや、付け替えの手間がかかるので
タンクをつけたまま飛行しているのだそうです。

ただ、タンクをつけると相当、空気抵抗がかかり
パワーと燃料を相当使うのだそうです。

手前が燃料タンク
120517_T_4_58_IMG_4169.jpg

燃料タンクが付いている時は、やはり空気抵抗がかかるので
ブルーインパルスの展示の時は連携機動飛行になりますね。

このタンク、燃料が入っているか叩いて確認するそうです。

お話をお聞きました隊員さんは
燃料があるかないか指輪でカンカンと叩いて
音で確認するそうです。

もし入っていないと上空で「あ~!しまった~!!」
となるそうです。
(←きっとウソです、冗談です。ちゃんと確認しているはずです)

燃料を使う順番は、ほぼ、自動的に全部が切り替わるそうです。
最初は外側のタンク、次に翼の中の燃料、次に胴体の燃料。
3通りになっています。

120517_T_4_59_IMG_4173.jpg

とても詳しく説明をして頂きまして
ありがとうございました。

そしてまたこのパイロットさん、小さなお子様に
「パイロットになりませんか~?」
と勧誘をしに、後ろの列の方へと移動されていきました(笑)

はい、本日はここまでです。

ここまで、異常に長々としたブログを読んで下さいまして
ありがとうございました。

不定期ですが、次回にも続きます(そろそろメインへ!?)
乞うご期待です。

春、ウララ~♪

【航空自衛隊入間基地 公式HP】
http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/

※普段見られないT-4コックピット展示もあるランウェイウォーク!
ご興味がありましたら、ぜひ来年、応募されてみてください~!!

この記事を書いた人は...

ウララです。

山登りとブルーインパルスらぶ♪ブルーインパルスのためなら、どこへでも出かけていきます!