佐原レポート03 伊能忠敬記念館

どうも、オカメです。

佐原レポート第3回は「伊能忠敬記念館」です。
伊能忠敬といえば正確な日本地図を作った人と有名。

ただ詳しい内容までは知らず、折角伊能忠敬の過ごした場所に来たので行ってみました。

okebasi.jpg
桶橋

こちら伊能忠敬旧宅の目の前にある桶橋。
レポート02で放水を行っていた橋がコチラです。
記念館自体は写真の赤い屋根の家の後ろ(右端にチラッと見えている部分)にあります。

伊能忠敬記念館は実際の地図や現代地図との比較・伊能忠敬の年譜や道具等いろいろな物が展示されており見応え抜群でした。
伊能忠敬は地図を作った人、位の認識しかありませんでした。
ザックリ書くと、隠居して50歳から天文や暦学を勉強を初め、55歳から測量開始。約10回の測量、71歳時に地図が出来上がったようです。
日本全国を練り歩いて約16年…。
気の遠くなるような作業を繰り返して地図をつくるとは驚きでした。

inoutei_yoko.jpg
伊能忠敬旧家(写真中央)

写真中央左の補修作業が行われている部分が伊能忠敬旧家です。
地震・台風等で痛んでしまったらしく直している真っ只中でした。
そちらには入れなかったですが、代わりに写真手前のお屋敷には入れました。

inoutadatakakan.jpg
お屋敷入口

昔から続く荒物屋さん(今は中はお土産が売っていました。
コチラから中を通って後ろのお屋敷へ入れます。

nakaniwa.jpg
中庭

お屋敷同士を繋ぐ部分の中庭(坪庭?)。
こう言う中庭って憧れる~。
4.5帖ほども無い敷地の小さな庭の中に四季の花&玉砂利&飛び石&水盤&井戸がセンス良く配置されており、癒しの和空間。
奥の屋敷(土蔵?)も階段や屋根、日本風吹抜け(床が一部格子状になっており下が見える)等あり歴史を感じることができました。

木造の日本家屋が多い中で一際目を引いたのがコチラ。
ginkou.jpg
佐原三菱館

1912年に建てられたレンガ造の三菱銀行の建物(千葉県有形文化財)。
現在は銀行としては機能していないですが、和風家屋が連なる中での洋館なので佐原のシンボルとして扱われているようです。

こちらの佐原は「お醤油ソフトクリーム」と言うものが売っており、食べたかったのですが時間が足りず食べれなかったので誰か行ったら食べてみてください。

佐原までは
所沢駅→池袋駅→御茶ノ水駅→錦糸町駅→千葉駅→佐原駅
の約3時間10分程です。
…ちょっと遠い。日帰りで行けないことはないですが、余裕を持って1泊とかで行きたいですね。

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。