御嶽山01 滝本駅付近

どうも、オカメです。

都内方角ばかりに出向いていたら、急に自然が見たくなり都内でなく都下散策に行って参りました。
日帰りで行けて、自然多く高尾山・秩父方面(何回か行ったことがあるので)ではないところ、と検索をかけ『御嶽山』がヒットしました。

この御嶽山、意外と所沢から近いです。
所沢駅から西武拝島線or西武国分寺線にてJR青梅線に繋がっているので、1時間35~45分くらいで「御嶽駅」に到着できます。

さて9時半過ぎに御嶽駅に到着。
今日の目標は運動不足解消を狙って「ケーブルカーに乗らずに上まで行く」です。

ちなみに、私オカメはウララさんとは違い山岳装備の一つも持たないド素人です。
この日の格好→上着・Tシャツ・キュロット・タイツ・コンバース+寒暖差対策にストール一枚。リュックを持っていないので、斜め掛けバックを装備。
これこそ山を舐めて滑落・遭難して世間様に多大なる迷惑をかける典型例ですね。

反省します。真似せずキチンとした装備で向かってください、運が良かっただけなので。

御嶽駅から歩いて30mくらい位置にコンビニ&ケーブルカー乗り場まで行くバスのバス停があります。
みなさん、コンビニで食べ物を買い揃えてバスに乗る模様。
バス停は長蛇の列。

ケーブルカー乗り場まではバス約10分だったので、歩くことに。
道は単純で、真っ直ぐ→突き当り右→「ケーブルカー乗り場」の看板が見えたら左折→そのまま坂を上ると到着。
バス10分なら徒歩30分か、ハイキング~♪の気分で行きましたが、最後の左折してからの坂が辛い!!
いきなり挫折しそうになりました。

坂を上ること20分くらい(ペース遅いです)、ケーブルカーの駅「滝本駅」に到着。
01takimotoeki.jpg
滝本駅

ココも長蛇の列でした。
歩いて登るためこの駅を背にしたときに見える鳥居(表参道)の方へ。
02mitakeiriguti.jpg
参拝道 入口

鳥居の下から参拝道がスタートし、道なりに行けば頂上に着ける模様。
鳥居入口から自然があふれ、素敵な光景でした。
03mitakeirigutiwaki.jpg
ケーブルカー線路下の景色

景色を堪能してから出発。
え~鳥居をくぐった瞬間から傾斜がキツイ!
参拝道はずっとアスファルト敷きですが、いかんせん想像よりも激しい傾斜なので、5分で帰りたくなりました。
情けないですが。

そこは堪えながらウネウネ曲がる道を上っていくと、気に向かってカメラを向ける方々が。
何かと近寄ってみればキノコ発見。

04mitake_kinoko.jpg05kinokoapu.jpg
ナラタケモドキ?                           アップ

ナラタケモドキと言うキノコ(無毒)に似ていますが、判断は全くつけられないので見るだけ。
野生のキノコが見られるとは流石は山!

キノコで少し活力を取り戻しずんずん進んでいくと、こんな標識(?なのか)が出てきました。
06rokurokkubi.jpg
「ろくろっ首」

お化けでも出るのかと一瞬血の気が引きましたが、説明書きを見てみると違う事が判明。
「古名由来  道(旧道)を眺めてみてください。くねくね・うねうね曲がり道。何みたいですか?大蛇?ミミズ?酔っ払い?昔の人はこの道を「ろくろっ首」と呼びました。」
とのこと。
酔っ払いは少し違う気はしましたが、旧道とやらを見てみると、
07rokurokkubi_miti.jpg
旧道(ろくろっ首)

カメラの撮影範囲が狭くて1ターンの折り返ししか映りませんでしたが、4~5ターン折り返していた気がします。
折角なので旧道から登ってみました(新道はろくろっ首を迂回する)。

くねくねくねくね曲がる割に意外と勾配がキツイ。
昔の人の気分に浸りながらまだまだ道は続きます。

ちなみにこのあたりで恐らく10/1来てないです。
既に何度か心が折れかかりました、普段運動してないとだめですね~。

まだまだ続きます。

オカメでした。

この記事を書いた人は...

オカメです。

美味しい物大好き!旅行大好き!な、アクティヴ派です。