諏訪神社の御朱印 -富士山登山2013-

こんにちは~、ウララです~。

関東甲信から東北にかけて
大雪の被害が広がり
大変な週末になってしまいましたね。

所沢でもかなりの量の積雪がありましたが
道路の端には雪かきされた雪の塊が
まだ溶けずに高く積もっております。

土日は私も自宅の前の道路を
開拓しておりましたが(←雪かきですw)
あれは果てしない作業ですね。

雪をかいてもかいても屋根の上から
無情にも雪がなだれ落ちてくる。

私、しばらくもう腕や足腰がガクガクでございました(汗)

またまた木曜日にも雪になる予報が出ていますが
もう雪はたくさん、勘弁してもらいたいものですね…。


さて、所沢からぶらりと足をのばしまして
久々に富士山登山レポート2013の
続きでございます。

今は雪が積もっておりますのに
夏の話題で申し訳ないですね。

前回やっと、北口本宮冨士浅間神社まで
たどり着きました。

神社が修復中だったので
あまりたくさん写真が撮れなかったのですが

約5年前、初の富士山登山の時にも
立ち寄りました思い出深い神社でした。

たしか2012年の富士山ガイドの雑誌の中で
御朱印帳の存在を初めて知りました。

もともと収集癖のある私には
何とも魅力的なアイテムに見えまして
その時から富士山にまつわる神社の
御朱印を集め始めました。

前回、北口本宮冨士浅間神社の御朱印を
ご紹介いたしましたが
(こんな御朱印です)

140130_mtfuji2013_32_CA3K0904.jpg

別の種類もあるとの事で(キラ~ン!)
そちらも書いていただきました。
140218_mtfuji2013_33_CA3K0905.jpg

まだまだ数点しか集まっていないのですが
今後、少しずつ御朱印帳集めを
楽しみにしていきたいと思います。

北口本宮冨士浅間神社では
夏の富士登山シーズンは
朝7時~夕方6時まで
御朱印を書いていただけるそうなので
集めている方はぜひご参拝くださいね~。

で、御朱印をいただいてから初めて気づいたのですが
北口本宮冨士浅間神社の敷地内に建っていた
諏訪神社です。
140218_mtfuji2013_34_IMG_5388.jpg
右側に大神輿が、左側に御影(お山さん)が
奉安されています。

噴火する荒ぶる富士を表す御影(お山さん)
140218_mtfuji2013_35_IMG_5388.jpg

諏訪神社の創建は未詳で
地主神と伝わっているそうです。

諏訪神社の側に立つ立派な御神木
140218_mtfuji2013_36_IMG_5387.jpg

毎年、8月26日と27日の2日間にわたって行われる
「吉田の火祭り」が
(←現在は「鎮火祭」という名称だそうです)
北口本宮冨士浅間神社と
その摂社である諏訪神社のお祭りとして有名で

特に8月26日の夜、町中で大松明が焚き上げられる
富士山の「お山じまい」のお祭りとして知られていますね。

お手洗いに行ったついでに通りかかった
竹林がとても綺麗だったので思わずぱちり☆
140218_mtfuji2013_37_IMG_5398.jpg

山梨県指定天然記念物の御神木
「冨士太郎杉」
140218_mtfuji2013_38_CA3K0906.jpg

太郎杉さん、ちょっとアップで
140218_mtfuji2013_39_IMG_5396.jpg

富士吉田市指定天然記念物の
御神木 「冨士夫婦桧」
140218_mtfuji2013_40_IMG_5400.jpg

御神木の根元の写真ばかりでスミマセン(汗)

とにかく写真に入りきれないほど
大きくて立派な御神木でした!

夫婦桧の横の階段を上りますと

吉田口登山道の案内看板を発見!
140218_mtfuji2013_41_IMG_5401.jpg

いよいよこの吉田口の登山道をたどって
富士山登山の開始です。

いや、すでにもう登山中だったりしますがねw

はい、本日はここまでです。

不定期ですが次回にも続きます。

また、お読みいただきましたら幸いです。

冬、ウララ~♪ 

この記事を書いた人は...

ウララです。

山登りとブルーインパルスらぶ♪ブルーインパルスのためなら、どこへでも出かけていきます!