富士山の高山植物と雲 -五~六合目付近-

こんにちは~、ウララです。

本日の所沢市は、暑いけど爽やかなお天気です。
室内にいるのがもったいない気分です~。

さて、再び富士山からのご紹介の続きです。

五合目で食事を取ったり売店へ下見に行ったりと
かれこれ2時間近くも道草をくいましたので
そろそろ登山開始といきます。

五合目から六合目の安全指導センターにかけては
比較的ゆるやかな登山道になります。

序盤、坂を下ったりするので、こりゃ楽勝かな?
と油断させておきながら、後でしっかりと強烈な坂道がやってきます。

行きに下り坂があるという事は、帰りの下山時の最後に
まさかの上り坂が待っているのです。
疲れきった最後に、とどめを刺された気分になります。

登山客を乗せた馬も、途中まで同じ道を通るので
馬臭や馬糞の香り漂う登山道だったりします。

たまに大量の馬の落し物(馬糞)危険地帯がありますので
綺麗な景色に気をとられすぎて踏まないように要注意です。

さてさて、五合目から30分ほど歩いたあたりでしょうか。
登山道の両脇に小さな高山植物がたくさん咲いていました。

110907_5st_flowers1.jpg

特にお花がたくさん咲いているのは
7月下旬~8月にかけてですかね~。

写真では少し見えづらいのですが
赤紫色のホタルブクロも数本咲いていました。
110907_5st_flowers2.jpg
そろそろ森林限界に近づいてきています。

標高の高い所では、高い樹木が育ちにくくなるんですね~。

登山道の下の方からもウグイスなどの
野鳥の鳴き声が聞こえてきます。
癒される~。

下の方に霧がかかっていますが
これが離れた所から見ると雲に見えるんですね~。

六合目の「安全指導センター」では
このような用紙を配っています。
110907_6st_anzen.jpg

ずっとポケットに入れて登っていたのでボロボロですみません。

簡単なルート地図や、下山時の別ルートとの
分岐点の注意書きが記載されています。
地図を取り出すのが面倒な時は、この紙を見ちゃったりします。

六合目~七合目にかけて、砂礫の道が続きます。
ジグザグとうねりながら、ゆっくりゆっくりと登ります。

今回の登山では、お天気に恵まれ
幸い、一滴も雨に降られませんでした。

空は快晴。
さまざまな形の雲が見れましたので
少しご紹介いたします。

こちらは六合目付近を見下ろした写真
110907_6st1.jpg
休憩中の人達が遥か下の方にいます。

登山道を見上げながら登ると、
先が異様に長く感じて余計に疲労感が増してくるので
下の景色をたまに眺めながら登った方が良いそうです。

「あぁもうここまで登って来れたんだ!」
と前向きに考える事ができて、なるほど
確かにテンションが上がってきます。

ほとんど自分の立っている高さと同じくらいの位置に
雲が広がっています。
110907_6st_clouds1.jpg

ワンちゃん?
110907_6st_clouds2.jpg
動物のような形の雲です。

雲の動きはとても早く、
一瞬のうちに早変わりしてしまいます。

以上、富士山の五合目~六合目付近からお届けいたしました~。

また次回以降も続くかもです。

秋、ウララ~♪

この記事を書いた人は...

ウララです。

山登りとブルーインパルスらぶ♪ブルーインパルスのためなら、どこへでも出かけていきます!