『田貫湖』のダイヤモンド富士

こんにちは~、ウララです。

今日の午後、所沢市でもすごい強風でヒョウも降りましたね~。
ここのところ、異常気象が続いているので、ちょっと心配です。

さて、昨日、静岡県富士宮市にあります
『田貫湖』へ「ダイヤモンド富士」を見に行ってきました。

「ダイヤモンド富士」というのは、富士山山頂の真ん中の位置から太陽が昇る時、
宝石のダイヤモンドのように美しく見えるため、こう呼ばれています。
皆既日食の際の「ダイヤモンドリング」になぞらえているそうです。

『田貫湖』では4月と8月の19日~30日頃まで
太陽の昇る位置を変えながら「ダイヤモンド富士」が見れるそうです。

しかし、いつでも見られるわけではなく、気象条件が合わないと
綺麗な「ダイヤモンド富士」に出会う事ができません。

友人達と、土曜日の最終電車に乗って拝島に集合。
コンビニで朝食用のお弁当を買い込み、夜中の12時半に出発。
『田貫湖』の無料駐車場へ到着したのが夜中2時過ぎでした。

周りには外灯が無く、とても真っ暗でライトが無いと歩けない状態です。

空を見上げると、プラネタリウムのような満点の星空。
シューッと落ちてゆく、流れ星も見ました。
こんなにはっきりとした流れ星を、肉眼で見たのは生まれて初めてでした。

真っ暗な林のわき道を通り『田貫湖』の前で
ダイヤモンド富士の見れるポイントの場所取りをします。

ベストポイントと思しき場所は、すでにおびただしい数の
ベテランカメラマンさん達で埋め尽くされていました。

皆さ~ん、一体、何時からいらっしゃったのでしょうか~?

我々も人の少ない場所を陣取り、レジャーシートに腰掛け
しばらく、じ~~~~っと、ず~~~~と待ちます。

真っ暗闇の中、ケロケロケロケロと無数のカエルの鳴き声、
コーコーと何の鳥がわからないけれど、鳴き声が時たま響き渡ります。

前方に富士山のシルエットがくっきりとみえるので期待大です。

朝4時頃、うっすらとあたりが明るくなってきました。
しかし寒い、寒すぎるッッ!!

意識を手放したら危険な寒さです(大げさですか…)
ポイント天気予報では最低気温3℃だったとか。
ダウンコートを着ていてもくじけそうな真冬の寒さです。

我々のいる場所の周りも、だんだん人が集まってきました。

湖から靄が立ち上り、幻想的な景色に包まれます。

富士山を取巻く空と湖の色が、次第に青から黄金色に変わってゆきました。

早朝6時03分、富士山頂から太陽がキラッと光りました!
ダイヤモンド富士です!!

tanuki_diamondofuji_110425.jpg

周りでは感嘆の声と、カメラの連射音が響き渡りました。

私も負けずにデジカメと携帯の2コ使いでバシャバシャ撮影しました。

その内の1枚です。

とにかく富士山は巨大で美しい!
大自然の美しさ、偉大さ、厳しさ、もう言葉では表現しきれませんが、
さまざまな感情に包まれながら貴重な時間を過ごす事ができました。

太陽も昇りきり、たくさん溢れていた人達もだんだん帰ってゆきましたが
私達は富士山を眺めながら朝食をとりました。

青空の下、絶景を前にしてとる食事は、贅沢で美味しさ倍増です!

太陽に前から照らされて、あんなに寒かった夜がウソのような暖かさでした。

朝6時48分、近くにサクラが咲いていたのでパチリ。
tanuki_sakura_110425.jpg

朝6時52分、2羽のカモが目の前に近寄ってきたのでパチリ。
tanuki_kamo_110425.jpg

ちょっと獣臭(笑)がしました。
湖の上に白く光っている物は、散ったサクラの花びらです。

本日はここまで。
また次回も『田貫湖』続きます。

春のポカポカした日差しを浴び続けていたら、何やら日焼けで酔っ払い顔に…。
春の紫外線は油断大敵です(T-T)
春ウララ~。
 

この記事を書いた人は...

ウララです。

山登りとブルーインパルスらぶ♪ブルーインパルスのためなら、どこへでも出かけていきます!